テーマ:生類憐みの令

日本史の「忘れ物」27 慧眼!アントニーの法則

~英雄(偉人)の死するや 生前の善行は墓に葬られ、    悪事のみ千載の後まで語り継がれる~ イングランドの劇作家ウィリアム・シェークスピア(1564-1616年)の作品 「ジュリアス・シーザー」(1599年)の中で、マルクス・アントニウス(マーク・ アントニー)が吐くセリフです。 ちなみに原文では、 ~The evil th…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「アレンジ」13 ”生類”その微妙な法解釈

江戸幕府第五代将軍・徳川綱吉(1646-1709年)による悪名高き? 「生類憐みの令」※(1687年-1709年)は、とりわけ綱吉の干支で ある「犬」に対して特別な計らいを見せました。 最終的には30万坪弱の広大な敷地に数百棟の「御犬小屋」を 建設し、ここへおよそ十万匹の「御犬様」を収容したわけです。 その御犬様のエサ、い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more