テーマ:名古屋城

日本史の「災難」01 築城名人<せいしょこ>さん

元はといえば、加藤清正(1562-1611年)が、羽柴(豊臣)秀吉 (1537-1598年)から肥後北半国(20万石弱)を与えられた折に 手を加え、自らの居城としたのが「熊本城」です。 その石垣は、上部に行くにしたがって垂直に近くなる「武者返し」 と呼ばれる曲線がまことに見事で、国の「重要文化財」指定や、 「日本三大名城」…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「お国自慢」06 尾張の写真家殿様

尾張藩最後の殿様「徳川慶勝」の没後130年を記念して、 いま地元名古屋(徳川美術館)で「特別展」が開催されています。 そのサブタイトルが~知られざる写真家大名の生涯~。 ということは、つまり、この殿様はあまり有名ではないゾ、と 紹介していることになります。 多少失礼な感じもありますが、根っからの地元っ子である ワタシでさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more