テーマ:漢字

日本史の「微妙」12 日本もじ文字バラエティ

普段はあまり意識しないものの、現代日本人が使っている「文字」は案外に ユニークな代物なのかもしれません。 まず第一に、他の文字に比べ、その種類が結構豊富なことです。 思いつくまま並べても、漢字・ひらがな・カタカナはずっと昔からが ありますし、明治以後のことなら、アルファベットを利用したローマ字と いう表現方法も提供され、さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「発明発見」24 イロハのイの字は?

当時はまだ日本とは呼んでいなかったでしょうが、現代でいういわゆる 「日本民族」が、文字を使うようになったのは、いったいいつ頃のこと なのか。 この文字自体についても、「すでに列島では独自のものがあった」など、 いくつかの解釈も成り立ちそうですから、ここはズバリ「漢字」として おきましょう。 それにも実は諸説あるようで、た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「アレンジ」01 発明より改良が好き

日本史を眺めていると、外国から取り入れた文化を 「日本人仕様」にアレンジ(改良)?して利用してきたことに 気がつきます。 このことは、歴史的に見て日本人は昔から発明よりその改良 作業の方が好きな民族で、その上結構器用な腕前を持っていた、 ということを示しているのかもしれません。 たとえば、「漢字」も「律令制度」も「仏教」…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more