テーマ:光明皇后

日本史の「タブー」11 怨霊封じ渾身プロジェクト

~「藤原」姓は天智天皇から亡くなるその前日の中臣鎌足に贈られた~ 通説ではそうされているものの、前後の経緯からしても、おそらくは鎌足に ではなく、その息子である不比等(659-720年)に下賜されたものでしょう。 不比等自身に、現在の権勢は姓を下賜された父親・鎌足による「親の七光り」 によるものとする態度を貫くことで、この頃の突…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「事始め」18 だから不比等はミステリー

~「藤原」姓は、中大兄皇子(後の第38第・天智天皇/626-672年)に協力し、   後の国家改造を導くことになった中臣鎌足(614-669年)に下賜された~  通説ではこのように「藤原氏」の始祖は鎌足と説明されることが多いのですが、 しかし、その鎌足の子である「藤原不比等」(659-720年)と事実上の家祖と 見る向きもありま…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

日本史の「信仰」05 無理を通せば”祟り”が怖い

政界絶対の実力者・藤原不比等(659-720年)の三女として 生まれた光明子(701-760年)は、後に第45代・聖武天皇 (701-756年)に嫁ぎ、さらには史上初の「人臣皇后」にまで 上り詰めた(729年)ことで、別に「光明皇后」の名でも知られて います。 しかし、この~皇族以外の者が「皇后」になること~つまり 「人臣皇…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「言葉」08 女サンガイに家なし

この言葉を聞いて、「ははん、男尊女卑だった昔は女性が 三階に住むことが許されなかったんだなあ。」と理解したアナタ、 その考え方は間違いなく間違いですヨ。 「さんがい」とは「三階」ではなく実は「三界」の字を当てるのです。 「だったら、ははん、三つの世界とは、この世とあの世と、 ええっと、もう一界は・・・かぐや姫が行った月世界…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more