テーマ:大村益次郎

日本史の「アレンジ」18 拙者の名前も御維新いたす

実際には、この他にもその該当者?は大勢いますが、幕末維新の頃に 大いなる活動を見せた人物の中からピックアップしたこの四人の 「共通点」に気が付きますか? ○長州藩士・村田 蔵六 (むらた・ぞうろく   /1824-1869年) ○福井藩士・三岡 八郎 (みつおか・はちろう /1829-1909年) ○長州藩士・桂 小五郎 (か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「アレンジ」11 二つの名前で出ています

「二つの名前」と言っても、役名が「椿三十郎」、それを演じた 俳優の名が「三船敏郎」というパターンの「二つ」ではありません。 「同一人物」でありながら、歴史においては「二つ(以上の)名前」 で知られる人物のことです。 たとえば、西郷ドン(1828-1877年)は本名・隆盛?/通称・吉之助 /号・南州など、多彩な名前を持ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「怪人」10 火吹き達磨のトンデモ説

大村益次郎(1824-1869年)は長州征討(1864/1866年)や、 戊辰戦争(1868-1869年)などで指揮を執り、長州藩の勝利を 導いたことで、「維新の十傑」に名を連ねる人物です。 逆に言えば、「維新の三傑」(西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允) ほどには有名でないということかもしれません。 それに、村田蔵六という別…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more