テーマ:後鳥羽天皇

~捜索の代償~

源氏は「三種の神器」を、平家(安徳天皇)から奪い返す必要が あった。 これを手に入れることで、後鳥羽も「神器無き天皇」の 汚名をそそぐ゙ことができ、その正当性を主張できるからである。 その意味で、壇ノ浦の戦いは「三種の神器」の争奪戦だった、 とも言える。 結局、この源平最後の戦いにおいて安徳天皇は死亡、平家は 滅亡した。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more