テーマ:アラビア数字

日本史の「微妙」12 日本もじ文字バラエティ

普段はあまり意識しないものの、現代日本人が使っている「文字」は案外に ユニークな代物なのかもしれません。 まず第一に、他の文字に比べ、その種類が結構豊富なことです。 思いつくまま並べても、漢字・ひらがな・カタカナはずっと昔からが ありますし、明治以後のことなら、アルファベットを利用したローマ字と いう表現方法も提供され、さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「世界標準」20 楽勝ッ!数字の文明開化

普通の?数字 「9,876,543,210」・・・これを、漢数字に直すと、 「九十八億七千六百五十四万三千二百十」と表記します。 書き並べて見ると、現代日本人にとっては、「位取り」の不便さは 感じるものの、日頃の馴染みもあって、まあ普通には前者の方 が分かりやすい。  これを、一般的には「アラビア数字」と呼んでいます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「世界標準」18 日本国は「桁が違う」ゼ!

「桁(けた)が違う」という言葉があります。 普段使っている表記方法なら、「1」の場合は並んでいる数字が 1つだけですから1桁、「10」になるとこれが2つ並ぶことになり 2桁、さらに、これが「100」になると、3桁ということになって、 いわゆる「桁が違う」わけです。 ただし、これは「世界標準」の「アラビア数字」を使った場合の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more