テーマ:浄土真宗

日本史の「パクリ」04 血筋をブランドに!

後援者 「長期低迷状態とお聞きしていますが、ホントに?」 蓮如様 「確かにイマイチ! と言うより人気サッパリ!かな。」 後援者 「では、思い切った”目玉商品“を企画しましょうヨ!」 蓮如様 「はて、そんな”目玉商品”なんかがあろうかいね?」 蓮如は教祖・親鸞上人の直系八代目の子孫に当たる真宗 の僧で、この頃の教団をリードし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「忘れ物」01蓮如の業務改善

蓮如は村人たちに「御文(おふみ)」を読み聞かせていた。 蓮如 「どう?これなら少しは分かりやすい?」 村人 「確かに呪文みたいなお経に比べたら短いし、     とっつきやすい感じはありますネ」 蓮如 「そうこなくっちゃ!そこが一番の苦労だったんヨ」  蓮如には悩みがあった。  阿弥陀如来の教えはとてつもなく素晴らしい …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

~早とちり六角堂~

宗祖・親鸞さんの浄土真宗が、日本仏教としてやや異色と 言えるのは、やはり「阿弥陀如来」が絶対という態度であろう。 ということで、今回はその親鸞さんの有名なエピソードである 「六角夢告」の意味合いを探る内容になった。 お話はこうだ。 たぶん、自身の結婚問題も含め信仰上の課題を抱えていた のだろう。 29歳の親鸞さんは京の六…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more