テーマ:自虐史観

日本史の「言葉」19 漢字よりアルファベットだ!

~漢字を放棄して能率的なアルファベットを導入せよ~ かつてこんな主張もありました・・・といえば、まあ大抵の人は それを明治以降の出来事だと思うでしょう。 なにせアルファベットと言っているのですから、どうしたって 「文明開化」に遭遇した「明治」より以前とは考えにくい。 ところがドッコイ、こう主張したのは生まれも育ちも歴とした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「怪人」05 彼は何の種を蒔いたのか?

いやぁ、「誤解」って、こういうものなのでしょうか? 「天ハ人ノ上ニ人ヲ造ラズ人ノ下ニ人ヲ造ラズ」 これって、 てっきり福澤諭吉が自らの信念・信条を言い表した言葉だと 思い込んでいました・・・が、実は違うんですってね。 その何よりの証拠は、この後に「ト云ヘリ」の文言がくっ付いて いることです。 つまり、この意味は「・・・そう…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「忘れ物」15 ”生類”と”魔女”の背比べ?

~薬欲しさに吹き矢で燕を射った者に厳罰、 顔に止まった蚊をつぶした小姓もやっぱり厳罰~ これは、将軍・綱吉による「生類憐れみの令」(1687年)が 語られるとき、よく紹介されるエピソードです。 ~この日本では、バカ殿がバカ法律を作って、世の中を 振りまわすなんぞ、実にバカなことをやっていたものだ~ このエピソードは、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more