テーマ:鎖国

日本史の「ツッパリ」25 地の果ての孤立文明圏

昔学校の授業で学んだ「世界四大文明」の記憶がひょっこり蘇って きました。 ひょっとしたら、トラウマ体験による「フラッシュバック」現象 なのかもしれませんが、似て非なる「八つの文明圏」なんて言葉に でくわしたせいです。 さて、人類最初の文明として確かこの四つを挙げ「世界四大文明」 と説明されたように記憶しています。 ○黄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「大雑把」02 五十年ワシ掴みの江戸幕府

~「江戸時代」とは1603年の幕府樹立から1868年の江戸城明け渡し   までの265年を指す~ 普通この程度の説明がされています。  しかし、始まりから終わりまでの265年はいかにも長い。  もう少しコンパクトに把握できないものだろうか? そこで思いついたのが、江戸時代265年をエイヤッとばかりに、 約半世紀50年単位で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「異国」03 衣服まわりの二三の閑話

人類史上初の有人宇宙飛行計画において、ライバル・ソ連の先手を取るべく アメリカが情熱を傾注したのが「マーキュリー計画」(1958~1963年)でした。 この時のNASA(アメリカ航空宇宙局)、要するにアメリカの有人飛行計画の 黎明期の顛末を描いた映画に1983年「ライトスタッフ」という作品があります。 宇宙空間での飛行士の居…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「世界標準」24 一国平和はリスクを背負う

どちらかと言えば、現代日本の国民感情には、自国の平和のみに絶対の 価値を置き、諸外国における紛争・対立などには割合に鈍感・無関心な、 いわば「一国平和主義」モードの中にあるようにも感じられます。 確かにこうした「平和」に絶対の価値を置く心情は、「戦争好き」よりは よほど好ましいことかもしれませんが、しかし反面では、たとえば某…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「災難」10 世界の果てまでワープする

イギリスの支配から独立(1776年)を成し遂げたアメリカ合衆国は、当初 大陸の大西洋側(東海岸)のみだった国土を、その後西へ西へと拡張に 努めることで、1848年にはカリフォルニアなどを獲得し、遂に太平洋側 (西海岸)まで達する広大な国土を保有するようになりました。 要するに、国土の東側では大西洋を、西側では太平洋を利用でき…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「事始め」06 未知との遭遇”英和辞書”

「黒船来航」(1853年)より45年も前のこと、鎖国?日本の長崎で いわゆる「フェートン号事件」(1808年)が勃発しています。 イギリス軍艦「フェートン号」がニセの国旗(オランダ国旗)を掲げ、 長崎港へ強行入港するや、現地のオランダ商館員を人質に とった事件で、さらにはその身代金代わり?として薪・水・食料 などを要求し、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「逆転」08 世界遺産は○○のお蔭?

現在はどうか知りませんが、昔の授業では江戸時代を割合 否定的に捉えていたように思います。 鎖国による閉鎖社会/士農工商の身分制度/重い年貢/ 一揆の頻発/飢饉による餓死者などなど、まさに「暗黒社会」と 言いたくなるような面が必要以上に強調されていた印象です。 ところが最近は多少の変化が現れているようで、まあ「天国・ 極楽…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

日本史の「迷宮入り」09 幕府が”それ”をしなかった理由

最大の敵「豊臣家」を滅ぼした(1615年)後の幕府・徳川家は ひとつには、不平分子?の「反乱」に神経を尖らせていたこと、 さらには、海外貿易を管理し、ほぼ鎖国?の状態を保つように したこと、こんな状況にありました。 その内、外様大名などによる「反乱」を「想定内」のこととして 警戒していた意識は各藩の配置ぶりからも、また、な…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

日本史の「謎解き」06 ”米”はどこへ消えた?

この「統計」?が正確なものか、もちろん議論もあるでしょうが、 江戸時代の米の生産量と人口には(幾分の凸凹はあるものの)、 概ね比例関係があるように見えます。 つまり、人口が2,000万人と推定される頃の米の生産量は 概ね2,000万石、2,500万人の頃なら2,500万石程度ということです。 もっとも、幕府への各藩の石高申…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more