テーマ:目安箱

日本史の「発明発見」19 町医者と将軍の福祉コラボ

御三家・尾張家との間に引き起こされた激しい後継争いの末、最終的に 八代将軍の座に就いた紀州家出身の徳川吉宗(1684-1751年)は、後に 「享保の改革」(1716-1745年)と呼ばれる政治改革に取り組みました。 この意気込みの背景には、七代将軍・徳川家継(1709-1716年)の後継者を 巡る尾張藩との間で繰り広げられた経緯…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more