テーマ:徳川治済

日本史の「トンデモ」05 江戸政界フィクサーの奔放

第10代将軍・徳川家治(1737-1786年)には、後継第11代将軍となるべく 嫡男・家基(1762-1779年)がいました。 幼年期より聡明であった家基は、文武両道の才能備えていたばかりか、 政治に対しても次第に関心を示すほどの人物でした。 また、その名には徳川宗家の通字である「家」が授けられています。 要するに、家治後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「陰謀」27 次期将軍の遊山帰り道

江戸幕府第10代将軍・徳川家治(1737-1786年)の長男・家基(1762-1779年) には、徳川宗家の通字である「家」の字を賜りながら将軍職には就けなかった ことから、「幻の第11代将軍」とのニックネーム?もあります。 では、幼年の頃から聡明で文武両道の才覚を認められていた人物で あった家基の「将軍職」はどうして「幻」に終…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more