テーマ:藤原純友

日本史の「事始め」07 純友の”二つの顔の男だぜ”

今風にいうなら、表向きは「海上保安庁」?の幹部、裏の顔は その取締りの対象である「海賊」?業・・・こんな疑惑が囁かれる 人物、 藤原純友(893?-941年)もタダ者ではない。 しかもその裏の顔たるや、~退任後の936年頃には、伊予国 日振島を根拠に1000艘を組織する~とのことですから、 これはもう現役中からその準備なり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more