テーマ:北畠親房

日本史の「列伝」11 御幼帝御用達?の歴史本

人によっては、その字面はちょくちょく目にするものの、その時代や内容に なると、とんと承知しない事柄も、ままあるようです。 実はそうした状況が筆者自身にもあって、その一つに「神皇正統記」を 挙げることができそうなのです。 これまでにも何回かはその字面には対面はしたことがあります。 しかし、いまだに正しい読み方すら承知していな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more