テーマ:万世一系

日本史の「付録」10 皇位継承の現代風再考

およそ200年ぶりとされる天皇譲位によって、それまで30年ほど続いた 平成時代が幕を閉じ、新たに令和時代を迎えることになりました。 このことは、皇室にとっても、また国民にとっても「稀な体験」という 位置づけになりそうですが、これとは別に、現在の皇室及びその周辺には 別の危機意識があるとされています。 それは現在~皇位継承資…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「怪人」20 妊娠15ケ月の万世一系

昔々のある女性の主張です。 ~生まれた子の父親が夫であることは間違いありません~ 我が国の古い記録にも残されいるお話です。 しかし、この主張に対してこんな反論が出ても不思議ではありません。 ~それはとってもヘンだ! だって、それだとアナタのお子さんの誕生は   貴女の夫が亡くなってから一年以上も経過してからのことになります …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「災難」08 伝統打破?女帝の選択

「蕎麦(そば)のマヨネーズ和え」とか、ワサビならぬ「ジャム入り握り寿司」 ・・・試してみたら、案外に美味しいのかもしれませんが、日本人の感覚と してはまあ首を傾げたくもなります。 これまでの食文化の伝統を根底から破壊したものになっているからです。 こうした「伝統破り」が上手く運んだ場合には、新時代の先駆者との 好意的な評価…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「誤算」01 読者サービス?欠史八代

初代天皇として「古事記」や「日本書紀」にその名を挙げられる 「神武天皇」は、昔々の「庚午年」つまり、西暦に換算すれば、 ナント「紀元前660年」に即位(52歳)されたそうです。  要するに、釈迦や孔子やイエス・キリストなどのお歴々より ずっと以前の人物ということになります。 そして、この「神武」さんの家系が「万世一系」をも…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「女性」21 天皇空位?の乱倫事情

「万世一系」などと仰々しい表現をされると、“天皇”の地位には いつの瞬間にも誰かが就いていたものと思ってしまいます。  ところが実際には「空位」の期間、たとえば、第37代・斉明天皇 ※(594-661年)が現役天皇?のまま亡くなった折に、その後 すぐさま第38代天皇が即位したかと言えば、実は七年ほど “天皇不在”の時期がありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「忘れ物」18 泣きをみた?五人の天皇

「歴代天皇」の数え方は、現在(2014年)時点で、「125代・123人」と するのが正式とされています。 代数と人数が一致しないのは、その内のお二人が重祚(ちょうそ)※ されているからです。 ※退位後に再び即位すること。 第35代・皇極=第37代・斉明/第46代・孝謙=第48代・称徳は同一人物 ですから、この123人以外に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「女性」15 兼任皇后?の神出鬼没

二十世紀に入ってから(1926/大正15年)のこと、表向きは 「万世一系」とされている「歴代天皇」の顔ぶれを見直す作業に 及んだことがあります。 簡単にいえば、再調査・再点検を施したというところでしょうか。 しかし、考えてみれば、その「順序」と「顔ぶれ」が、きっちり 固まっているからこそ「万世一系」のはずで、それを自由に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「ツッパリ」10 五尺の体にみなぎる気迫

近世以前の日本の歴史とは、お隣りの超大国・中国に 呑み込まれてしまわないよう、細心の気配りを続けた先人達の 「汗と涙と虚勢(ツッパリ)の物語」でもありました。 よく知られたお話に、こんなのがあります。 ~日出ずる処の 天子、書を日没する処の天子に致す。恙無しや・・・~ 聖徳太子が隋(中国)・煬帝に宛てたこの国書の文言は、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「ツッパリ」07 天武系百年のストレス人生

無理を重ねるとストレスが溜まり、それが原因になって 新たな不幸?を生むことだってあり得ます。 ひょっとしたら、このパターンに陥ったのが、いわゆる 「天武系」天皇たちの人生だったのかも・・・ でも、「天武系天皇」たちっていったい誰のこと? 一般的には下記の約百年間・九代(八人)の天皇を指します。 そもそもは、「壬申の乱…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more