テーマ:武家政権

日本史の「誤算」13 権勢はいつも補佐人に

日本神話によれば、いわゆる天孫降臨に際し天照大神はこのように宣言した そうです。 ~この地(日本)は私の子孫が王となるべき地であり、またそうする  ことで私の子孫(天皇・皇室)が栄えることは永遠である~   天壌無窮の神勅 いささか自分勝手で一方的に感じられる宣言ですが、これが「天壌無窮の神勅」 とされる言葉です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「発明発見」18 リサイクル征夷大将軍

日本史の中の「将軍」(征夷大将軍)の位置付けとは? こう言われれば、まあ一般的には国家の最高権力者、要するに現代で言う ところの「総理大臣」もどきの地位をイメージすることでしょう。 江戸幕府の政治形態を思い起こせば、この印象はもっと強くなります。 しかし、元来はそうした性格を有していませんでした。 じゃあ、どんなんだったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「冗談?」12 朝廷公家の超貧乏競争

武家政権時代の朝廷・公家は、経済的にかなり苦しい状況に おかれていました。 天皇ご自身とて決してその例外ではなく、 中には立派な?「貧乏ぶり」でユニークなエピソードを残された 方も少なくありません。 ちょっと例を挙げればこんな具合です。 第103代・後土御門天皇 (1442-1500年/在位:1464-1500年) →費用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「逆転」13 武士団土壇場の女子パワー!

日本史にもいくつか大きな「内乱」が登場しています。 古くは、天智天皇の子・大友皇子(弘文天皇)と皇弟?である 大海人皇子が戦った「壬申の乱」(672年)とか、足利将軍の 後継者問題に端を発し、10年以上も戦い続けた「応仁の乱」 (1467-1477年)などを挙げることができます。 また、豊臣秀吉死後の「天下人」決定戦?の様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more