テーマ:オランダ

日本史の「事始め」17 幕末日本人のモノづくり

~泰平の眠りを覚ます上喜撰たつた四杯で夜も眠れず~ いわゆる「黒船来航」(1853年)で吃驚仰天した様を揶揄した狂歌です。 蛇足ですが、この「上喜撰」とは茶の銘柄であり、「蒸気船」(黒船のこと)に かけた言葉になっています。 それはともかく、それこそ「見たこともない」ハイテク戦艦が姿を現したの ですから、当時の日本人にとっては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more