日本史の「怪人」21 素性も政策も虫が好かぬ

広く武士の教養・規範とすべく「朱子学」に注目したのは江戸幕府創立者・
徳川家康(1543-1616年)その人でした。
いや、江戸幕府においては人というより、神様に祀り上げられた「神君」と
言った方が正しいかもしれません。

つまり、朱子学に励むことは即ち「神君」の御遺志にビッタシ沿う行動になる
わけですから、そこで、幕府が存続していた間は、朱子学も同様に衰え知らず
の隆々さを誇っていた。 
普通なら、こんな受け止めになります。 ところがギッチョン。 
ちょっとばかり意外な印象ですが、実はそんな「朱子学」にもはっきり衰退が
見られた時期もあったのです。

~このままでは、神君・家康公の御遺志を踏みにじることになってしまう~ 
神君の御遺志を放置したままではさすがに拙い。
こんな危機感を抱いた幕府はそのテコ入れに及びました。
いわゆる「寛政異学の禁」(1790年)がそれです。

ここにある「寛政」とはもちろん元号が寛政の時代(1789-1801年)のことで
あり、「異学」とは朱子学以外の学問を指し、それを「禁」ずるという政策です
から、今風の言葉でもっと端的に「学問統制」と表現したほうが分かりやすい
のかもしれません。
たとえば当時それなりに人気があった陽明学や古学などもすべて「異学」に
分類し、それらの勉強も一切をペケとしました。

この「寛政異学の禁」政策の音頭を取ったのは、ちょうど同じ頃に、
いわゆる「寛政の改革」(1787-1793年)と呼ばれる幕政改革にも取り組んで
いた老中・松平定信(1759-1829年)でした。
なにせ、第八代将軍・徳川吉宗(1684-1751年)の孫という血筋にある上に、
しかも「総理大臣」の立場にあるのですから、「異学の禁」にせよ「改革」
せよ、ある意味イケイケドンドンの勢いで進めることになります。

当然のことながら、定信自身も朱子学を絶対とする思想の持主です。
しかもその絶対ぶりはハンパではなく、今風なら「朱子学原理主義者」?と
表現されたに違いないほどのものでした。
ところが歴史は、この定信の例のように一つ思想に凝り固まった権力者の
存在が結構傍迷惑になることも、実は如実に物語っているのです。

早い話が、この種の人物は「自分こそが正義の味方」との思い込みが強い分、
他人様の意見を無視した行動ととるからで、そうした点はこの松平定信
場合も決して例外ではありませんでした。

少しですが、その「迷惑被害」?の例も挙げておきましょう。
まず第一には、「寛政の改革」が原因で引き起こされた不景気によって、
少なからずの国民が少なからずの迷惑を被っています。
商業・商人を蔑視する朱子学的見地からすれば、「商業活動」なんて行為
自体が、無条件に朱子学違反?ですから、その違反を取り締まれば取り締まる
だけ、社会全体をいわゆる「不景気」の側へ押しやることになってしまいます。

ですから、一般生活者にしてみれば当然に、
~ゲゲゲッ、何が悲しくてわざわざ貧乏生活に戻らにゃならんのだ~
こんな思いに見舞われるわけです。

また、「身分」の存在を全面肯定?しているのが朱子学です。
いわゆる「士農工商」であり「官尊民卑」であり、政治面で言うなら
「(幕閣以外の者は)御政道に口を挟むな」がそれに当たります。
このことで、まったくのトンデモ状況に追い込まれた一人に、政策論者・
林子平(1738-1793年)がいます。

~およそ日本橋よりして欧羅巴(ヨーロッパ)に至る、その間一水路のみ~
要するに、外国とは付き合いたくないといったところで、島国日本は間違い
なく海で世界と繋がっているのだから、外国に対しもっと確たる意識を持つ
べきだ。 実に卓見。
こうした主張を、その著書「海国兵団」の中に表したわけです。


徳川家治01 松平定信05










第10代将軍・徳川家治/老中・松平定信

 にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
 にほんブログ村



ところが、この意見に対する老中・松平定信の反応は、
~幕閣以外の(つまり、身分なき)者が幕政を論ずるなどもってのほか!~
子平は、出版禁止の措置だけでなく、その身柄は強制帰郷させられた上に、
蟄居という厳しい処罰を受けました。

定信が、なぜそこまで強気の対応ができるのかと言えば、先にも触れた
通り、「自分こそが正義の味方」との思い込みがあるからです。
そうした思い込みによる「朱子学被害」?を被ったのは、何も一般市井人
だけに限りません。 なんと幕府内部の人間にも及んでいるのです。

誰って?
そんなもん、真っ先に名を挙げられるは、田沼意次(1719-1788年)に
決まっています。
第九代将軍・徳川家重(1712-1761年)の小姓に抜擢されるや、
めきめき頭角を現し、次の第十代将軍・徳川家治の個人官房長官?
もどきの側用人を務め、ついには幕閣最高の老中まで上り詰めた人物です。

松平定信とっては、この田沼意次こそは、その全てが気に入らない存在
でした。 その感覚は「不倶戴天の敵」とでもいうのでしょうか。
まず「身分」が気に入りません。
定信自身は、吉宗の孫であり、大名であり、城持ち藩主です。
しかし、それに引きかえ、意次は、元はと言えば紀州藩の足軽(後に旗本)
の息子に過ぎません。

~身分なき者が御政道を担うなどは、(朱子学的には)暴挙であるッ!~
ましてや、その暴挙の張本人が、商業重視の政策を打ち出したのですから、
~(朱子学が嫌う)商業に手を染めるとは、出自の卑しい人間は、
  恥すら覚えず、やることまでがさもしいッ!~


こう受け止める定信がエッサエッサと根気よく書き溜めた、やれ「ワイロの帝王」
とか、やれ「汚職政治家」とかの「田沼に対する悪口」が、21世紀の現在でも、
田沼意次のイメージとして語られ続けているのです。

「商業」の意義を理解できなかった18世紀の朱子学原理主義者が書き遺した
内容を、「商業」というものを十分に理解できるはずの、しかも特段に朱子学
原理主義者でもない21世紀現代人が無批判に受け入れているのですから、
これもまた不思議と言えば不思議な現象です。

で、この朱子学原理主義者による「風評被害」?が、老中・田沼意次などの
幕閣クラスのレベルで止まったかと言えば、実はさにあらず。
さらに上の階級の人物、端的に言えば田沼意次の上司であった第十代将軍・
家治も意次の悪評に連鎖する形で多大な迷惑を被っているのです。

定信の田沼に対する悪口を面白がる中には、さらにイメージを膨らませる者
もいます。
~将軍・家治なんて、田沼意次にいいように幕政を引っかき廻されていた
  のだから、つまりはトコトンのダメ殿バカ殿であったに違いない~


~商業なんてものは堅気の人間が手を染めることではないッ!~
この鉄則に縛られる朱子学原理主義者にすれば、商業重視のスタンスを
取る人間なぞは、それだけで「常軌を逸した無法者」ということになって
しまいます。
こうした目線で将軍・家治の姿勢を眺めれば、無条件に「堅気の人間では
ない」ことになるのです。

つまり、「朱子学的色メガネ」を通せば、商業重視の姿勢を示した将軍・家治は
「バカ殿」、老中・田沼意次は「汚職政治家」、このように偏った見方になって
しまいます。
そうして、この「定信が書き遺したとっても分かりやすい悪口」は、よほど
日本人の感性にフィットしたものか、その後の時代にもずっと生き残り、
なんと21世紀の現代にまで伝わっているわけです。

商業に対して朱子学的偏見を持たないはずの現代人でさえ、今もってこの
「悪口」を疑わない人が少なくないのですから、ある意味不思議な現象です。
試しに周りの人に田沼意次のイメージを訊ねてごらんなさい。
まず大抵はこんな答えが返ってくると思いますよ。

~なになに、老中・田沼意次のことを訊いているのか? 
  それは、ワイロを取りまくった汚職政治家のあの田沼のことか?~

この辺りも、エリート官僚・松平定信の面目躍如というべきなのでしょうか。
自分の身は傷つかない位置に置いた上で、他人を貶めることが巧かった。


 にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
 にほんブログ村



--直近の記事------------------------
572 日本史の「付録」10 皇位継承の現代風再考 増やせ皇位継承資格者
571 日本史の「トンデモ」03 精神が敵機を撃墜する 精神論主義の悪夢
570 日本史の「例外」01 歴代以外にも覆面天皇が 一心不乱の鎮魂手段
569 日本史の「発明発見」23 小牧山城から天下を見渡す 信長も家康も
568 日本史の「ツッパリ」24 幕末老中の御意見募集 倒幕を招いた英断
567 日本史の「信仰」15 儒教徒はメタボに憧れる スリムは身分卑しき証
566 日本史の「タブー」10 神君祖法をシカトする? 悪評は祖法無視の罰?



"日本史の「怪人」21 素性も政策も虫が好かぬ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント