日本史の「忘れ物」30 日本製ワクチン出遅れる

「新型コロナウイルス感染症」・・・日本においてもこの収束がまだまだ見えて
いないのが現実です。
さらなる感染拡大を抑えるためとして、政府や各自治体が一般市民に行動の
協力を要請した時期もありました。
たとえば飲食店なら、営業時間の短縮、酒類を提供する時間に制約を設けた
ことなどがそれです。

お店だけではありません。
一般の人々に対しても不要不急の外出に自粛を求めるなど、それなりの不自由
が強いられました。
また、いわゆる「三密」を回避すること、お店や施設に出入りするたびに
手洗いや消毒に努めることなどは今や当然のマナーとなっています。

マスクの着用も同様な方向にあって、しかもそれは一重よりは二重三重の
着用の方がさらに効果的ということで、こちらの方が推奨されています。
いまやこうしたマナーを軽視や無視をすることは困難な状況になっており、
いや、それどころか、きっちり遵守しないことには非国民との非難を浴びて、
石もて追われちゃう勢いです。


 corona_virus_01.jpg
 外出控え/密集回避/密接回避/密閉回避/換気/咳エチケット/手洗い

さて、そうした感染予防対策の励行もさりながら、今注目を集めているのが
ワクチン接種です。
実のところ筆者などは、「ワクチン」の正しい定義も知らずして当たり前に
その言葉を使っている一人ですが、いいえ、筆者に限らずそういう方は
案外に少なくないのかもしれません。
そこで、まずは「ワクチン」について少し探ってみることにした次第です。

すると、あ~ら、こんな説明に。
~生体に免疫をつくらせて感染症を予防するために用いられる抗原~
「生体」というのは、今回にコロナ騒動の場合なら「人間の身体」という
ことになりそうです。
しかも「生体」と明瞭に断っているのですから、これは「生きた身体」と
いうことであり、すでに生きてはいない「遺体」などは含まれないものと
思われます。

では、次にある「抗原」って何ですか?
~生体内に入ると抗体をつくらせる原因となる物質~
との説明があって、続いて
~一度抗体ができると、次に侵入した同じ原因物質と特異的に反応する~

と、ここまで聞いた筆者なりの理解はこうなります。
必ずしも正確とはいえないのかもしれませんが、
~要はワクチン接種をすることで体内に「抗原」を注入し、それが「抗体」
 を作ることで、その身体を感染症に負けないパワフルなものにグレード・
 アップさせる~


そして、そのワクチンについて話題が盛り上がっているのも事実です。
筆者の周りにはこんな感想を漏らした人がいました。
~えぇか、新型コロナウイルス用のワクチンは一種類だけでなく、
 ご承知の通り、結構仰山ある~


それだけでは説得力に欠けると思ったのか、あるいは博識ぶりを披露したかった
ものか、いくつかの国や製薬会社名やワクチンの名まで挙げました。  
それらをちょっと並べてみると、
○アメリカ製(社名=ファイザー/モデルナ/ジョンソン&ジョンソン)
○イギリス製(社名=アストラゼネカ)
○ロシア製 (薬名=スプートニクV)
○中国製  (組織名=シノヴァク・バイオテック/シノファーム)


その人の感想はさらに続きました。
~当然のことだが、ワクチン開発はいわゆる「先進国」が担っているわけだ。 
 だとしたらダ、「G7」の一員であり、「主要先進国」の身分であることを、
 常々誇らし気に自称している日本が、そのワクチン開発国に仲間入りして
 いないことがちょっとばかり解せないのダ~


なるほど、200に近い数の国々の中での「トップ7」を自認する日本が
「新型コロナワクチン開発」ではすっかり出遅れている、という現実が
腑に落ちないようです。

それもあってか、さらにはこんなことも。
~こういう時に日本医学の底力をもってワクチン開発を成功させてこその
「世界の最先進国」であって、その意味では看板に偽りありではないのかぇ?~


 pfizer_vaccine_01.jpg virus_vaccine_01.jpg
 ファイザー社ワクチン/新型コロナワクチン接種

 応援クリックを→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ ←にほんブログ村



こうした印象を持つ方は少なくないようで、他所でも同様の感想を耳にした
ことがあります。
~日本がワクチン供給国になっているのが当然であり自然なハズなのに、
 それが逆に受給(購入)国になっているだなんて、なにかしら落ちつかない
 ヘンな気分だぜぇ~


しかし、それほど「ヘンな気分」になる必要もないのかもしれません。
要するにこういうことです。
~先進国と言われる国は、例外なくどこでも軍事に膨大な莫大な資金を
 費やしている~
 これは事実です。
だったら、そうした軍事費の中に細菌に関する研究費用が含まれているで
あろうことも当然に想像できるところです。

さて、細菌などを使う「生物兵器」や、毒ガスなどの「化学兵器」
別名「貧者の核兵器」と呼ばれています。
なぜなら、材料の入手が容易で、しかも簡単な技術や設備で製造できる
だけでなく、核兵器よりはるかに安価という特徴を備えており、さらには
大量殺傷兵器だからです。

また、戦争・テロという手段を経済の観点から眺めるなら、相手国の国土に
ミサイルを撃ち込むなどはあまり賢明な方法とはいえません。
ミサイル製造に金がかかるばかりでなく、占領すべく相手国のインフラに
大きな損害を与えてしまうからです。

その場合、戦勝国として相手国に乗り込んだとしても、破壊されたインフラ
を復旧させようとすれば莫大な費用を必要とします。
その意味で、インフラを傷めずに「敵国民」の殺傷だけを実現できるこの
「貧者の核兵器」は「常に使われやすい環境下」にあるといってよさそうです。

そうした環境にあれば、先進各国が「貧者の核兵器」である生物兵器や
化学兵器に対する研究をおろそかにしないことはは当然です。
国家の最大の務めとは、国民の生命財産を守ることにあることされている
のですからねぇ。

下のケースはウイルスのような生物兵器ではなく毒ガスという化学兵器で
したが、現代の歴史においても、そうした行動は現にありました。
イラクでの「ハラブジャ事件」
~イラン・イラク戦争末期の1988年フセイン政権が、イラン側に協力したと
 してハラブジャ(イラク)の住民を数千人殺害した~


日本でも「地下鉄サリン事件」
~1995年、東京都で発生した、世界でも稀に見る大都市圏における化学兵器
 (毒ガス・サリン)を利用した同時多発無差別テロ~

同時に、失敗には終わったものの「炭疽菌」を培養して散布した亀戸異臭事件
(東京/1993年)、つまり生物(細菌)兵器が実際に使われたこともあったのです。
こうした生物兵器は国際法(1925年)で、また化学兵器は国際条約(1997年)で
現在は使用禁止とされています。
しかし、これは国家間における取り決めであって、テロ集団がそこに参加
しているわけではありません。

ということは、どこの国家も、ましてや先進国といわれる国家は特に、
万一の場合に備えて、あるいは抑止力、あるいは報復措置の選択肢として、
生物兵器や化学兵器の研究を怠るわけにはいかないということになります。
ですから、こうした「先進国」のワクチン開発が早かったことの理由は
ここら辺にあるのかもしれません。

ということで、自称「先進国」の日本がワクチン開発で出遅れている理由は
おそらく日本民族が持つ国軍(軍隊)に対する感覚の特性にあるのでしょう。

~軍隊保持はけしからん、軍隊保持は戦争につながる~
現在でもこうした意見も決して少なくないということですから、その延長線で
こうも言えることになります。
~すぐさまワクチン開発に対応できるほどの細菌研究をはけしからん、
 モロに細菌戦争につながる~


つまりそうした声を尊重するのであれば、新型コロナウイルスに対する
日本のワクチン開発が遅いことは歓迎すべき?ことなのかもしれません。

ところが、つい先日発表された世論調査(共同通信社)によれば、政府の
新型コロナウイルスワクチン接種計画についての「国民の声」はこんな結果
だったようです。 ~国のワクチン計画は「遅すぎる」 65%~




 応援クリックを→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ ←にほんブログ村



--直近の記事---------------------------
705 日本史の「数字」07 江戸幕府の二番目記録 次点では記憶に残らない
704 日本史の「陰謀」32 くの一陽忍 天下を盗る 陽忍は目の前に堂々といる
703 日本史の「偶然」03 東の天皇も西の皇帝も 天皇がOKなら皇帝だって
702 日本史の「デジャヴ」28 今度は神道と儒教の習合で 信仰に一体化癖が
701 日本史の「付録」15 カタカナ語はとめどなく 残るは接続詞助詞だけに
----------------------------------
ヤジ馬の日本史~超駄級・700記事一覧~ №601-699編 貧乏ヒマな史!
ヤジ馬の日本史~超駄級・600記事一覧~ №501-599編 だがしか史!
ヤジ馬の日本史~超駄級・500記事一覧~ №401-499編 満腹握りめ史!
ヤジ馬の日本史~超駄級・400記事一覧~ №301-400編 颯爽ろくでな史!
ヤジ馬の日本史~超駄級・300記事一覧~ №202-299編 堂々肩すか史!
ヤジ馬の日本史~超駄級・200記事一覧~ 後編「な→ん」巻 あゝ七転八倒!
ヤジ馬の日本史~超駄級・200記事一覧~ 前編「あ→と」巻 七転び八起き!
----------------------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント