日本史の「異国」05 ♪日曜日に市場へ出かけぇ

♪日曜日に 市場へでかけ 糸と麻を 買ってきた
  (合いの手?) テュリャ テュリャ テュリャ テュリャ テュリャ テュリャ リャ
            テュリャ テュリャ テュリャ テュリャ リャ

ロシア民謡「一週間」の出だし部分ですが、ちなみに月曜日以降は、
♪月曜日に おふろをたいて 火曜日は おふろにはいり  テュリャ・・・
♪水曜日に ともだちが来て 木曜日は 送っていった    テュリャ・・・
♪金曜日は 糸まきもせず  土曜日は おしゃべりばかり テュリャ・・・


そして最後の部分は、
♪ともだちよ これが私の 一週間の 仕事です テュリャ・・・
こんな具合に、週始めの日曜日から週末の土曜日まで「(私の)一週間」の
活動報告?になっています。
そこに示された「私の行動」に不自然・不可解を覚える人も少なくないよう
ですが、筆者の場合はさらにもう一つの謎に直面したものです。

なんでまた、こういう名称が付けられたのか? 
そう、日曜日から土曜日まで七つの曜日の名です。
天体運動と暦法とは、相互に強く影響し合っていることは、昔の昔からの常識
ですから、曜日の名称についても、その流れにありそうなことは割合容易に
推測できますし、事実、注意深く眺めみれば、個々が太陽系の星々とリンクした
名称になっていることに気が付こうというものです。

もっとも、中にはそれに気が付かない極めてのどかな人もいるかも
しれませんので、面倒くさいことですが、念のために一応整理してみると、
日曜=日(太陽)/月曜=月/火曜=火星/水曜=水星/木曜=木星/
金曜=金星/土曜=土星/
 こんな具合になっています。

こうした曜日の概念は、結構古く紀元前1世紀頃のギリシャ・エジプトで
完成したものと考えられているようです。
しかし、それは認めるにしても、なんとはなしの疑問が残らないわけでは
ありません。
たとえば、七曜の内の五ツはいわゆる「太陽系惑星」(火・水・木・金・土)(の
名称から頂いていますが、その外に「恒星」(日)が一つ、さらに残りの一つは
「衛星」(月)となって、いささか整合性に欠けています。

このような不整合を排除して火・水・木・金・土曜日の他に天曜日(天王星)/
海曜日(海王星)/
を加えることで、惑星限定のラインナップを組むことも
できたのでは?
ところが、よくよく考えてみると、それはアイ・キャン・ノットなのですねえ。

なぜなら、これらの惑星が発見されたのは、天王星=1781年/
海王星=1846年/という具合に随分と新しい出来事で、紀元前1世紀頃と
される七曜の完成期には全然間に合っていないからです。

これらよりも遠くにある冥王星の発見はさらに遅く、なんと20世紀に入った
1930年のことであり、しかもその後(2006年)には、一人前の惑星から、
なんとも中途半端な「準惑星」に格下げ?される顛末を辿っています。

ということは、日本の場合なら、江戸中期の第八代将軍・徳川吉宗(1684-
1751年)の時代になってさえ、誰一人、天王星・海王星・冥王星の存在を
知る者がいなかったわけですから、天曜日(天王星)/海曜日(海王星)/
なんぞはあり得ないことになるわけです。 
ではでは、そこにまたまた疑問・・・その曜日の順番がいささかランダムに
過ぎやせんか?

たとえば、太陽(日)を基準にするなら、そこから近い順に、
日曜の次には水曜・金曜・月曜・火曜・木曜・土曜と順序正しく並べる方が
分かりやすくて親切ではなかろうか?
単純素朴・人畜無害の筆者なぞはそう考えたいところです。
実際のところ、昔の人たちもそれは考えたようですが、ただ昔の人には
昔の人なりの科学知識や独自文化やこだわりがあって、筆者ほどに単純
明快な方法はは採用しませんでした。

まず、昔の人は、天動説における太陽系モデルでの星の並び方を、
地球から近い順に~月/水星/金星/太陽/火星/木星/土星~
順番で並んでいると考えていたようです。
それならそれで、曜日の順番もその星の並び順通りにすればよさそうなもの
ですが、ところがドッコイ、「単純系」より「複雑系」の思考を好むのが、
古今東西インテリと呼ばれる人種の共通点です。

曜日カレンダー02 曜日英語01










七曜日/日本語:英語


 にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
 にほんブログ村



そこで、こんな規則性を持たせて順番を決めました。
歌謡曲「三百六十五歩のマーチ」(1968年)の歌詞~三歩進んで二歩さがる~
とは、似て非なる不法ですが、~2つおき(3つめごと)に遡る~この法則順に
並べることにしたのです。 
ホンマかいな? 念のために確認してみましょう。

まずは太陽(日)を起点としますから、最初は「日曜日」。
これは動かせませんが、次はここから~2つおき(3つめごと)に遡る~
のですから、金星・水星を飛ばして、月の「月曜日」へ辿り着きます。
さらに、同様の法則で、土星・木星を飛ばせば、今度は火星の「火曜日」
・・・う~ん、インテリ好みの「複雑系」の規則性ですが、確かにその順序に
従って並んでいますねぇ。

では日本語以外の「曜日名」はどうなっているのだ?
そこで、英語版の曜日名をちょっくら窺い見ると、こう説明されていました。
日曜日 (Sunday))  →太陽 (Sun) に由来、
月曜日 (Monday)   →月 (Moon) に、
火曜日 (Tuesday)  →北欧神話の天空神テュール(Tyr)に、
水曜日 (Wednesday) →アングロサクソンの主神オーディン(Odin)に、
木曜日 (Thursday)  →北欧の雷神トール(Thor)に、
金曜日 (Friday)   →北欧の愛の女神フレイヤ(Freja)に、
土曜日 (Saturday) →ローマ神話に登場するサトゥルヌス(Saturnus)が起源。

要するに、日曜・月曜(太陽と月)以外はその名称を神話に登場する神様の
名前から頂戴しているわけです。
さらにその点を追求するなら、こうした神話(神様)と曜日の繋がりをより深く
理解できるのかもしれませんが、この辺りで筆者の根気は尽きてしまいました
ので、ご興味のある方はご自分で調べてみるのが宜しかろう。

それはともかく、どういう種類かは別として、「曜」の概念自体は、この日本にも
随分古く、平安時代の初頭頃には伝わっていたとされています。
さらに14世紀の鎌倉時代には、「六曜」と名乗る?「曜」が中国から伝わって
います。
こちらもいろいろな変遷を経たようですが、江戸時代には、
先勝/友引/先負/仏滅/大安/赤口/「六曜」(六つの曜として
まとまり、またその順序もほぼ確定しました。

しかし、現代は別としても明治以前の日本の歴史においては、たとえば、
戦国期の「本能寺の変」(1582年)や、はたまた幕末期の「安政の大獄」
(1858-1859年)などのように、事件やできごとに人名や地名や元号などが
付けられることは珍しくありませんが、六曜にせよ七曜にせよ「曜日」名が
冠されることはほとんどありません。

要するに、「暗黒の月曜日(ブラック・マンデー)」とか、はたまた「悲劇の仏滅」
などのような「曜日」名が付いた用語はあまり登場していないという意味であり、
ということは、かつての日本においては「曜日」自体がそれほど身近でもなく、
あまり重要視されていなかったということかもしれません。

もしも、「曜日」がとても身近なものであったら、たとえば、
赤穂浪人47人による「吉良邸討ち入り事件」(1703年)を「流血の水曜日」?
あるいは、「黒船来航」(1853年)だったら「驚天動地の赤口」?
こんな具合に、世間の話題をさらった事件・出来事などに曜日を絡めた
命名があってもよかったはずですからね。

もっとも、念のためのお断りしておけば、その当日がホントに「水曜日」であり
「赤口」であったかは、よく知らないのですが。
しかし、ともかくこうした「曜日を含んだ表現」がほとんどないのですから、
昔の人にとって「曜日」とは、それほどに身近な「暦」でもなかったようだ、と
受け止めるのが妥当な気がするところです。

さてお話は冒頭のロシア民謡「一週間」に戻り、筆者の場合を歌にするなら、
♪日曜日に お店へでかけ  米と梅を 買ってきた   テュリャ・・・
♪月曜日に ご飯を炊いて  火曜日は お握り食べた テュリャ・・・
♪水曜日に マンガを読んで 木曜日は 銭湯へ行った テュリャ・・・
♪金曜日は 歯磨きもせず  土曜日は お昼寝ばかり テュリャ・・・
♪友だちよ これがワタシの 一週間の 暮らしです   テュリャ・・・

スマートさはイマイチながら、まぁそれなりに有意義な一週間・・・かなぁ?



 にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
 にほんブログ村



--直近の記事------------------------
562 日本史の「誤算」11 狂気の沙汰?領地返上 狂者の妄想に過ぎぬ!
561 日本史の「世界標準」25 異端宗派は成敗すべし 奴らは悪魔である
560 日本史の「忘れ物」27 慧眼!アントニーの法則 善行一代悪事は末代
559 日本史の「陰謀」27 次期将軍の遊山帰り道 将軍の血統は断絶!
558 日本史の「事始め」18 偽物づくりと初物づくし 維新期の活躍と晩年
557 日本史の「タブー」09 史上唯一?天皇弑逆事件 馬子と崇峻の対立
556 日本史の「異国」04 城が無くては都と云えぬ 城は言葉でも作れるゾ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 日本史の「微妙」10 勝者は看板づくりに精を出す

    Excerpt: 筆者の生息地・尾張名古屋では、戦国時代に華々しい活躍を見せた 織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の御三方を、その死後数百年経った現在でも 「郷土の三英傑」と呼んで称えています。 Weblog: ヤジ馬の日本史 racked: 2019-04-05 00:01
  • 日本史の「付録」11 待ちかねたゾ武蔵ッ!

    Excerpt: 「史実」をヒントにして後の時代に創作された芝居や小説などが、元の「史実」 そのものよりも有名になってしまうことも、ままあるお話です。 少し古い時代なら、たとえば史実「元禄赤穂事件」(1701-17.. Weblog: ヤジ馬の日本史 racked: 2019-04-10 00:01
  • 日本史の「タブー」10 神君祖法をシカトする?

    Excerpt: 戦国の世の最終勝者・徳川家康(1543-1616年)が、自ら初代将軍に就き、 創立を果たしたのが江戸幕府(1603-1867年)でした。 その将軍職を2年ほどで辞し、家康はその後継として自分の息子.. Weblog: ヤジ馬の日本史 racked: 2019-04-15 00:01
  • 日本史の「信仰」15 儒教徒はメタボに憧れる

    Excerpt: 「儒教」あるいは「儒学者」という言葉は日本史の中にもよく登場しています。 では、その「儒教」って、いったいなんなの?  なんとなく分かっているようで、その実分かっていないのは、筆者とて その例外.. Weblog: ヤジ馬の日本史 racked: 2019-04-20 00:01
  • 日本史の「ツッパリ」24 幕末老中の御意見募集

    Excerpt: いわゆる「黒船来航」(1853年)によって外国(アメリカ)から開国を求められる ことになった幕府でしたが、ハナから相手の希望に沿うつもりは持っていません でした。 鎖国政策は権現様、つまり幕府創.. Weblog: ヤジ馬の日本史 racked: 2019-04-25 00:01
  • 日本史の「発明発見」23 小牧山城から天下を見渡す

    Excerpt: 筆者の生息地・名古屋から車で30分ほどの「小牧(市)」。 用事を早めに済ませ、空いた時間を「小牧山」探訪に充てたのが、数日前 (2019・04・27土曜)の午前のことでした。 割合近いエリアであ.. Weblog: ヤジ馬の日本史 racked: 2019-04-30 00:01
  • 日本史の「例外」01 歴代以外にも覆面天皇が

    Excerpt: 寿命がいつかは尽きてしまうのは「生物」の宿命で、その点は人間も その通りなら、神の子孫とされる「天皇」も例外ではありません。 その天皇が至高の存在であることを強調する意味もあるのでしょうか、 「.. Weblog: ヤジ馬の日本史 racked: 2019-05-05 00:01