日本史の「アレンジ」19 科挙より素敵な選び方?

国家を安定させ長い繁栄を保つためには、特にその中枢を担うべき官僚に 優秀な多くの人材を必要とするものです。 このあたりを、うっかりスカタンな人間に任せようものなら、たちまちに国が 傾きかねないことはどの国にとっても一種の常識と言っていいのかも しれません。 ただ、その優秀な人材を選ぶ方法が問題です。 他人よりズバ抜けて背…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「油断」09 史実と伝説行ったり来たり

天孫降臨の折、天照大神は地上に降りる皇孫・瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を こんな言葉で送り出したようです。 ~この日本の国は私の子孫が王となるべき地なのですから、皇孫である   あなた(瓊瓊杵尊)が行って治めなさい。 いいこと、ここのところが特に   大事なことですが、皇室が栄えることは天地がある限り永遠なのですよ~ しかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「落胆」02 純正室町時代の数え方?

鎌倉時代から明治時代に至る間の時代区分は、それぞれの定義や解釈に よって微妙に異なる感じもありますが、筆者がたまたま目にした日本史年表 では、以下のように整理されていました。 ○鎌倉時代 →→ /1185-1333年 ○建武の新政 → /1333-1336年 ○室町時代 →→ /1336-1573年    ◇南北朝時代/13…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「言葉」28 そのセリフ実は我に非ず

歴史の中には、まさに時代を切り取ったかのような言葉・セリフが登場する ことがあります。 たとえば、~平家にあらずんば人にあらず~ 武士階級がようやく頭角を現し始めた平安時代末期に登場した言葉です。 でも、このセリフを吐いた人物を、平家総帥・平清盛(1118-1181年)だと 思っている人も少なくないようで、なぜそんなことが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「信仰」14 民族癖が選んだ?維新三傑

たまたまのこと、目の中に「維新の三傑」という言葉が入ってきたので、 ことのついでに少し読み進めてみると、そこには以下の三人の名が 挙げられていました。 ○木戸  孝允(1833-1877年) 長州藩士/  病死・享年45歳 ○西郷  隆盛(1828-1877年) 薩摩藩士/  自刃・享年51歳 ○大久保利通(1830-1878…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「付録」10 なにゆえ貴殿が国葬に?

幕末の推移が分かりにくいのは、たぶん劇的な事態急変と逆転が遠慮なく 登場することが原因の一つになっているのかもしれません。 たとえば、その幕末期に政局の安定と攘夷実行を目論んで、いわゆる 「公武合体」路線を強力に推し進めた孝明天皇(1831-1867年)が突然の 崩御に見舞われたことを受け、その後継に立った明治天皇は逆に開国・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more