日本史の「列伝」03 証拠は源氏物語にありッ!

黒船来航(1853年)以降、ずるずると開国路線に踏み出した幕府に
対し、それを認めない孝明天皇は逆に攘夷死守を申し渡すなど、
実際この国の「外交路線」は大きく揺れていました。
ところがこの時、実は幕府(武士)側も、また朝廷(孝明天皇)側も
とんでもない大きな誤解?の上に立っていたのです。
~我が国(日本)は昔の昔から外国との接触はないッ!~

仮にこうした「祖法」が実際に存在していたところで、外交実務を
担う幕府にすれば、もはや絵に描いた「理想論」(攘夷死守)だけ
では、国を守りきれないとの思いも働きますから、結局のところ
「現実策」(開国路線)を選択しするほかに方法はありません。

双方の路線の相違が~話せば分かる~の域を超えた時、注目
を集めたが長州藩士・長井雅楽(ながい・うた/1819-1863年)による
「航海遠略策」でした。

この「策」?は、長井に対する藩主・毛利敬親※(1819-1871年)
信頼が厚いこともあって、今や藩論にまで成長していたのです。
※家臣の意見に異議を唱えることが無く、常に「うん、そうせい」と返答して
  いたため「そうせい侯」と渾名された。 大河ドラマ「花も燃ゆ」にも登場。


で、ともかく「開国反対・幕府存続」を主張し続ける孝明天皇に、
この「航海遠略策」を、「建白(1861年)することにしました。 
普通なら、理論理屈の「政治的理念」がその上手を行く「宗教的
情念」を説き伏せるなんてことは、困難なところですが、ドッコイ、
それなりの揺さぶり?にはなったんですねえ、これが。


   源氏物語映画51












   映画 「源氏物語 千年の謎」より (2011年)

  応援クリックは→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓

では、どうしてそんな運びになったのか?
その秘密は、長井雅楽のこんな斬新な?主張にありました。
そもそも、「鎖国」なんてものは、「島原の乱」(1637-1638年)に
  ビックリこいた幕府が敷いた、高々ここ300年の政策に
  過ぎず、「開闢以来の鎖国」とか「鎖国は祖法」なんていう
  認識自体が明らかに誤解であり、“錯覚”なのです~

※ちなみに、「島原の乱」から「建白」までの実年数は225年ほど。

ですから、この「建白書」に接した孝明天皇の受け止め方は、
概ねこんなイメージ?だったのかもしれません。
建白書/それが証拠に、あのメッチャ古い「源氏物語」にも
      「鴻臚館(こうろかん)」という名称の外国人用「迎賓館」が
      登場しているでしょうに!/

孝明帝~(ゲッ!「源氏物語」に?・・・そりゃホントかよ?)~

へこむ天皇に、「建白書」は追い討ちを・・・
建白書/その上、軍事力は間違いなく相手が上ですから、今さら
      攘夷を叫んだところで完遂できやしませんし、反対に
      我が国の国際的な信用を地に落とすだけのことです/

孝明帝~(ゲッ!・・・頑張っても夷狄には勝てないってか?)~

建白書/そんなことに取り組むくらいなら、むしろ開国・貿易で
      国力を高める、こちらに力を注いだ方が断然お得ッ!/

孝明帝~(ゲッ!開国ってか?・・・まことにイヤな運びだなあ)~

ますます「開国」に腰が引ける孝明天皇・・・
建白書/そうすることで、皇威・国威は世界に拡がり、さらには
      五大洲(世界各国)から貢物持参で挨拶に来るッ・・・
      ように仕向けるべきなのです

孝明帝~(えっ、語尾がいささか迫力不足だが・・・そうか!五大洲を
       圧倒するのか・・・それなら開国もアリかなあ?)~

つまり、雅楽の「策」は開国派の心意気を満足させると同時に
孝明帝を含む攘夷派の自尊心(貢物持参)をも満足させる言葉
になっていたわけです。
ただ、具体的な実行プランが十分には整備されていなかったこと
から、見方によっては「希宇壮大」ではあるけれど、いささか
「方便」くさく、「八方美人」的だとの評価にもなるのでしょう。

しかし、「黒船来航」で、すっかり頭に血が上った日本人指導者
の多くが「鎖国は祖法」と信じ込んでいた幕末のこの時代に、
~そんなことはなぁいゾ、その昔も外国との交流があったことは
 「源氏物語」にもちゃんと書いてあるじゃなぁいかッ!~

こう的確に指摘できた 長井雅楽 も、ちょいとばかり異色の人間
であったことは間違いないようです。

「歴史」を知る人物がカッコイイのは確かな事実です。
されど、~拙稿「ヤジ馬の日本史」にいくら目を通したところで、
       いつまで経っても「その域」に達するものではないッ~

これもまた曲げようのない絶対の真理なんですねぇ、残念ながら。





  応援クリックは→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓

          



---これまでの 「列伝」 シリーズ----------------
271 日本史の「列伝」02 ”米沢”藩主と”米国”大統領 鷹山って何者ですか?
264 日本史の「列伝」01 父チャンを超えたい症候群 英雄の子の劣等感
-------------------------------
ヤジ馬の日本史~超駄級・200記事一覧~ 前編「あ→と」巻 七転び八起き!
ヤジ馬の日本史~超駄級・200記事一覧~ 後編「な→ん」巻 あゝ七転八倒!
-------------------------------


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック