日本史の「逆転」04 武士の正座と胡坐

いまさらの感がありますが、TV時代劇を観ていて、戦国時代と
江戸時代の武士の座り方に違いがあることに気がつきました。
もっともソファーに腰を下ろすシーンはあまり見かけませんので、
つまりは正座(せいざ)胡坐(あぐら)のことを言っています。

「正座」というからには、これが日本人のその昔からの作法で
あり、「由緒正しい」座り方かと思っていたら、どうもそうでも
ないようで、「正座」という言葉自体も明治以降に登場した?と
されています。

また、「胡坐」~両膝を左右に開き、体の前で両足首を組んで
座る座り方~
と定義されていますが、「武士風?胡坐」の場合は
実際には~足の裏を合わせて股関節を広げ、ひざを床に
落とした座り方~
とのことですから、単なる「胡坐」に比べたら、
かなり厄介な代物になります。

二つの座法はそれぞれに欠点を抱えていますが、「正座」
場合は、なんといっても足の神経が麻痺する「痺れ」に襲われる
ことで、足を解いてもすぐさま立てなかったり、立ったものの、
ついよろけたりした経験を持つ人も少なくないでしょう。

これが「メタボ人の正座」なると、足が支えるべき体重がド~ンと
増えますから、もうほとんど「拷問」と言っていいほどの「痺れ」に
なることは・・・このワタシにはよく理解できています。

そういえば、焼香する人が正座から立ち上がったものの激しい
痺れでよろけ、転倒すまいと思わず目の前にいた読教中の
お坊様に手をつき・・・ところが、手をついた場所がお坊様の
ツルツル頭だったために、その手が滑って結局転倒する、
というコントを観たことがあります。


画像



















 織田信長 (おおッ、足の裏同士が密着しているゾ!)
-----------------------------
   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ ←お立ち寄り”記念クリック”も!
-----------------------------

話が逸れたので元に戻しますが、それなら「武士風?胡坐」
方が楽かといえば、実は世の中そんな甘いものではなく、
~股関節が柔らかくないとできない上に、骨盤と背筋の
バランスを取らなければならない~
そうですから、体の堅い
現代人にはてんで不向きな座り方だと言っているのも同然です。

試しにワタシもチャレンジしてみましたが、それはもう痛い
ばかりで、決して楽しいものではなかったゾ。

ここまできて、やっと本題に。
では、~武士が「武士風?胡坐」から「正座」に転向?
つまり逆転したのはなぜ?~
 最初に思いつくのは、
やはり戦乱から平和へと「時代」が転換したことでしょう。

確かに戦乱の時代に「正座」をしていては、上のコントのように
「痺れ」で咄嗟の身動きがとれないでしょうから、ここはやっぱり
「武士風?胡坐」が最適です。

しかし、これが平和な時代になれば、そんな機敏な動作を
必要とする場面も必然的に減るでしょうから、必ずしも
「武士風?胡坐」にこだわらなくてもいいわけです。

事実、「正座」をするようになったのは、三代将軍家光の頃から
とされていますから、これは単に姿勢的な意味合いばかりでなく、
殿様に対して恭順の意を示す、つまりは言葉通りに「膝を屈する」
ことをビジュアル化したものなのかもしれません。

さらには座る場所の「床材」?の問題も指摘できそうです。
堅い板張りの時代には困難だったものが、畳式の床になって
「正座」が可能になった、という見方です。

まあ、「正座」にせよ「武士風?胡坐」にせよ、椅子のある生活を
採用したことで、そのどちらからも解放された現代日本人は、
それだけでも、ある意味、幸せというものでしょう。

そんな感慨にふけっていたとこる、さらに古い時代、~平安や
鎌倉時代には宮廷仕えの女官たちも「胡坐」をかいていた~

とか、また、もう少し最近でも、~桃山時代から江戸初期の女性は
「立て膝座り」を習慣にしていた~
との説明にぶつかりました。

それなら、女性たちは、またどうしてその「座り方」を変更?
つまり逆転?させたのでしょうか?

どう考えても、「正座」よりは「胡坐」「立て膝座り」の方が
楽だと思えるのですが、その楽な方を放棄して敢えて難儀な
「正座」の方を採用していることがなんとも不思議です。

これはどうやら室町時代頃から女性の服装に変化が現れた
ことが原因で、その新しい服装で「胡坐」をかくと、なんでも
秘部があらわになる危険が生じたために「正座」が広まった
とのことです。

ふ~ん、そうだったのか。
とは言いながら、それでもまだその「秘部」ってのが、
今ひとつ充分に理解できていないので、どなたかご存知の方が
おられましたら、どうぞお教えくださいナ。




   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ にほんブログ村 にほんブログ村 トラコミュ 日本史同好会へ 
     ↑折にふれ 1日1回の応援クリックを!↑

          



---これまでの 「逆転」 シリーズ-----------------
122 日本史の「逆転」03 秀吉のシックス・センス 窮地で発揮した超能力?
119 日本史の「逆転」02 木曽三川 レ・ミゼラブル! 積もった恨みが爆発!
107 日本史の「逆転」01 “謎の絵師”に謎はない 謎は後から作られた?
-------------------------------
ヤジ馬の日本史~超駄級・100記事一覧編~ 神話から戦後まで一挙公開!
-------------------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

クロス
2016年06月27日 11:23
胡座から端座になったのは徳川さんが「服従の意を示し囚人の座り方をせよ」っておふれを出したから
服が変わったからとか無い
考えてみ?
「服が変わったから胡座かけない!囚人の座り方しよう・・・」
「やめなさい!みっともない!」
って成るに決まってんだろ
正座が変わったから服も変わっていったんだよ
当然だろ
あと胡座が実戦的ってのはない
当時の抜刀術も残っているが胡座ではなく蹲踞に似た形で行う
場合によっちゃこの蹲踞が一番礼儀正しいモノだった
2016年06月27日 17:57
Re:「クロス」さんへ
貴重なご指摘をいただき大変勉強に
なりました。
ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いたします。

この記事へのトラックバック

  • 日本史の「逆転」05 切れない名君と斬る暗君

    Excerpt: 1701年、殿中において浅野内匠頭長矩(1667-1701年)が 高家・吉良上野介義央(1641-1703年)に突然斬りかかったと される「元禄赤穂事件」は、映画や芝居を通じて現代人にもよく 知.. Weblog: ヤジ馬の日本史 racked: 2013-08-27 09:49
  • 日本史の「逆転」06 将軍家激震スキャンダル

    Excerpt: そもそもは、江戸城・大奥の御年寄(取締役?)の帰城が 門限に遅れたという些細な?出来事が発端でしたが、そこへ 大奥・幕臣・徳川各家の派閥争いが絡んだ?ものか、事態は 奇怪な展開をみせました。 Weblog: ヤジ馬の日本史 racked: 2013-11-15 17:39
  • 日本史の「逆転」08 世界遺産は○○のお蔭?

    Excerpt: 現在はどうか知りませんが、昔の授業では江戸時代を割合 否定的に捉えていたように思います。 鎖国による閉鎖社会/士農工商の身分制度/重い年貢/ 一揆の頻発/飢饉による餓死者などなど、まさに「暗黒社.. Weblog: ヤジ馬の日本史 racked: 2014-03-01 18:15