ヤジ馬の日本史

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本史の「忘れ物」25 列島民族生来の信仰DNA

<<   作成日時 : 2017/07/20 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

21世紀が明けたばかりの2001年、アメリカ「同時多発テロ(9・11)事件」が勃発
する半年前の3月12日のこと。 
イスラム主義組織「タリバン」がアフガニスタンバーミヤンの大仏」(磨崖仏※)
を爆破破壊するという大事件を引き起こしています。
※「まがいぶつ」→そそり立つ岩壁に刻まれた仏像。

西に位置する高さ55Mの「男像」、その東の高さ38Mの「女像」。
この二体の「大仏」様が無残にも爆破される様子は、ニュース映像として
世界にも発信されたので、ご記憶の方も多いことと思います。

さて、これらの「大仏像」が製作されたのは、今から1,500年ほど前の6世紀の
こととされており、伝奇小説「西遊記」のモデル?としても有名な三蔵法師
(玄奘/602-664年)も訪問されたとのことですから、おそらくはその当時から
聖地と呼ぶにふさわしい雰囲気を供えていたものと思われます。
余談ですが、その際には御供廻りの孫悟空・沙悟浄・猪八戒たちの面々も、
法師とともにこの大仏様を拝んだのでしょう、きっとのことなら。

それはともかく、大仏爆破に及んだ「タリバン」の言い分はこうでした。
〜これらの大仏の存在は「偶像崇拝禁止」とするイスラムの教えに明確に
  反しているッ!〜
 実際こんな主張に出くわすと、おそらく現代日本人の
多くはこんな感想を漏らすことになるのでは?

〜教えはともかくとしても、現代まで伝わったこれほどの「歴史遺産」を
  わざわざ手間ヒマかけて壊すこともなかろうに・・・(ああ、もったいない)〜
 
そりゃあそうでしょう。 6世紀といえば、日本では聖徳太子(574-622年)の
活動期よりもさらに古い時代ですからね。

その聖徳太子が亡くなった後に作られた「天寿国繍帳」ですら、国宝に指定
されているのですから、「バーミヤンの大仏」様なら、まさに「超国宝」?と
言っても過言ではありません。
それを躊躇なく破壊したのですから、その行動は現代日本人の目からすれば、
確かに分かりにくいものです。

ところが、振り返ってみれば、じつは当の日本人自身も同様な行為に走った
経験を持っているのです。
今から僅か150年ほど前、明治新政府が成立した当時に吹き荒れた
「廃仏毀釈」と呼ばれた一連の行動がそれです。

「廃仏毀釈」とは文字通り、こんな意味になります。
〜「廃仏」つまり仏を廃(破壊)し、「毀釈」つまり釈迦(釈尊)の教えを
  壊(毀)す〜
 
ですから、それまで長らくの間、自然で当たり前としてきた「神仏習合」の姿を
一転させ、神様と仏様をきっちり分離した上で、
〜今後は仏サマを無視?して神サマ一辺倒でいくゾ〜という路線を実行
したものだと言っていいのかもしれません。

つまり、今後の国家統合の基幹を「仏教」ではなく「神道」にしようと考えた
明治新政府が「神仏分離令」(1868年)や詔書「大教宣布」(1870年)など、
一連の政策を打ち出したわけです。
ところが、それをきっかけとした「廃仏」行動は、想定外?の凄まじい勢いを
もって全国各地に拡がりました。

その「凄まじさ」は一例を挙げただけでも、たとえば、
○現在では「国宝」に指定されている「興福寺五重塔」は、売りに出され、
  なんと「薪」にされる寸前までいった。
○その興福寺と関係が深かった大寺院「内山永久寺」は痕跡すら残らぬほどに
  徹底的に破壊し尽くされた。
○伊勢神宮のお膝元・宇治山田では、300寺近くあった寺院はことごとく破壊
  されて15寺ほどにまで減ってしまった。
○大阪住吉大社の神宮寺の大伽藍はほとんどが壊された。
○千葉県鋸山の五百羅漢像の全てが破壊された。
薩摩国では1616を数えた寺院がひとつ残らず廃され、僧侶2966人が還俗
  させられた。

バーミヤン爆破51 廃仏毀釈51






タリバンによる「バーミヤン大仏」の爆破/廃仏毀釈で失われた仏像

 にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓
↑応援クリックは↑

もっともこの政策は、あくまでも「神道」と「仏教」を分離することが目的であって、
積極的な「仏教排斥」を意図したものではなかったとされています。
しかし実際に、このように徹底的な破壊活動が全国各地で展開されたことを
思えば、この見解には素直に首肯できないものがあります。

要するに、バーミヤン大仏を爆破したタリバン顔負けの勢いで「仏教破壊」?に
熱中していたのがこの時期の日本人ということになりそうです。

その理由としては、この時期の日本が接触した「西欧諸国」とは、軒並み
「キリスト教」国だったことを挙げてもいいのでしょう。
「キリスト教」とは一神教、つまり「我が神」それ以外は一切認めないとする強い
宗教であり、その上に「聖書」という絶対の教典まで整えているその姿を知るに
つけ、長らく「神仏混合」の形を保ってきた日本はハタと思い当たります。
〜我が方には、一神どころか八百万もの神様がいるだけでなく、数多の仏様も
  いる。 それにダ、祝詞や御経は種々あるものの、「キリスト教」の「聖書」に
  当たる絶対の教えはありゃあせんゾ! あっちゃあ!〜


それらのことに気が付いてみると、いわばコンプレックスに似た感情も湧いて
きます。 
〜彼我を比べてみれば、我方の宗教の在り方は、何となく粗雑でかつ貧弱な
  印象で、見劣りしちゃうよなあ〜 

そればかりか、それは恐怖心にも繋がっていきます。
〜我方とて、「キリスト教」並みの強くて突っ張った宗教を持たないことには、
  西欧諸国に呑み込まれてしまう・・・かもしれん〜


こう考えたことから、日本独自の宗教として「神道」を選択し、その理論付けの
強化に乗り出したわけです。
ではなぜ、「仏教」ではなく「神道」のほうを選択したのか?
〜「神道」は古来からあった信仰だが、仏教はずっとその後に外国から伝わった
  宗教であり、日本民族の「純国産」とは言えない〜

こんな理屈になるからです。

こうして人工的に生み出された新宗教?が「国家神道」ということになりますが、
その教義はいささか歪なものになりました。
キリスト教の強力な教義に負けてしまわないよう、強固な理論武装をしたために、
元来の「神道」が備えていた許容性・融通性を徹底的に欠いてしまったからです。

つまり、歴史的結果を眺めても、「神仏習合」のDNAが組み込まれている日本民族
には、こうした排他性が強く唯我独尊的な主張を備えた新宗教?はまことに
不向きなものだったわけです。
案の定、終戦を迎えるや人工的な「国家神道」は下火になりました。

ですから、日本民族の信仰としては、どうやらこんなところが一番落ち着くよう
です。 〜仏ほっとけ、神かまうな〜
これは、一神教的なガチガチの縛りは取り払い、むしろそれとは真逆に数多の
神様仏様も認め、また個人個人が持つ心の自由さを許容する神道本来の
考え方に沿っているからです。
※神様や仏様を信仰するのはほどほどにしておくのがよいゾ。
  深入りすると、かえって心を乱してしまうこともあるからな。

つまり明治初頭の「廃仏毀釈」とは、日本民族に組み込まれているDNAには、
ハナから不適合なだったために起きた「集団ヒステリー状態」・・・
こんな言い方もできるのかもしれません。



 にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓
↑応援クリックは↑



−−−これまでの 「忘れ物」 シリーズ−−−−−−−−−−−−−−−
392 日本史の「忘れ物」24 沖を通るは北前船か廻船か? 船と荷主の関係
353 日本史の「忘れ物」23 街道旅のトイレ事情 先人のソツなきエコ作戦!
322 日本史の「忘れ物」22 幕末天然痘の震撼レポート 世界初?の種痘
297 日本史の「忘れ物」21 ♪酒と泪と男と女 実は酒と兔と御床と女かも?
278 日本史の「忘れ物」20 能はマルだが芝居はペケだ 学問と娯楽の差?
240 日本史の「忘れ物」19 ”士農工商”って放送禁止? 身分序列に非ず?
227 日本史の「忘れ物」18 泣きをみた?五人の天皇 南北朝泣き笑い?
208 日本史の「忘れ物」17 義経の常識のかけら 天才それとも欠陥人間か?
176 日本史の「忘れ物」16 反日は韓国人の証? 歴史歪曲言いたい放題!  
156 日本史の「忘れ物」15 ”生類”と”魔女”の背比べ? 優劣の判定は?
154 日本史の「忘れ物」14 アメリカ船はいつ来たか? 黒船来航の前史!
134 日本史の「忘れ物」13 いまさらですが“三種神器” 誰も見ていない?
127 日本史の「忘れ物」12 関東と関西の国境線? そこは戦場の最適地!
117 日本史の「忘れ物」11 時代の透明人間 発言できなかった多数派!
091 日本史の「忘れ物」10 コスプレの元祖? 心優しき神々の善意!
087 日本史の「忘れ物」09 歴史学者のミスリード “改革”なんて変すぎる!
081 日本史の「忘れ物」08 天孫降臨の錯覚 前後左右にも”天”はある!
075 日本史の「忘れ物」07 UFOの訪日と攘夷論 とりあえずやっつけよう!
068 日本史の「忘れ物」06 唯一のチベット寺院 寺から言霊まで勢ぞろい!
065 日本史の「忘れ物」05 やじろべえ国家 一極集中はそれだけで悪だ!
062 日本史の「忘れ物」04 幕府の無断転居 室町ってどこにあるのさ?
053 日本史の「忘れ物」03 信長と平和事始 それは平和への戦いだった!
051 日本史の「忘れ物」02 奥州四代の奇習 滅亡した独自の「死生観」とは?
048 日本史の「忘れ物」01 蓮如の業務改善 その昔も”カイゼン”はあった!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ヤジ馬の日本史〜超駄級・400記事一覧〜 301−400編 颯爽ろくでな史!
ヤジ馬の日本史〜超駄級・300記事一覧〜 202−299編 堂々肩すか史!
ヤジ馬の日本史〜超駄級・200記事一覧〜 後編「な→ん」巻 あゝ七転八倒!
ヤジ馬の日本史〜超駄級・200記事一覧〜 前編「あ→と」巻 七転び八起き!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



未来デリバリー ちいさなアシモフと緑の忘れ物 2/深山フギン/大塩哲史【1000円以上送料無料】
オンライン書店 BOOKFAN
著者深山フギン(漫画) 大塩哲史(脚本)出版社KADOKAWA発行年月2014年08月ISBN978

楽天市場 by 未来デリバリー ちいさなアシモフと緑の忘れ物 2/深山フギン/大塩哲史【1000円以上送料無料】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本史の「忘れ物」25 列島民族生来の信仰DNA ヤジ馬の日本史/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる