ヤジ馬の日本史

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本史の「パクリ」10 日本の”真ん中”ってどこ?

<<   作成日時 : 2016/03/10 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

〜踊りの感動を名古屋からも発信したいッ!〜
名古屋の学生たちのこんな熱い思いがきっかけになって、
「にっぽんど真ん中祭り」通称「どまつり」は始まりました。
ただでさえクソ暑い8月の名古屋の、それこそ「熱気溢れる」
夏の風物詩として、1999年以来今日まで続いています。
※概ね200チーム以上、総勢20,000人?を超える踊り手たちが参加。

それは社会に元気を提供する意味でも、意義深い活動である
ことは間違いありません。 でも、ふと頭に浮かんだ疑問。
〜会場の「名古屋」って本当に「にっぽんど真ん中」なの?〜

それで調べてみると、実は「真ん中」の定義・解釈が結構微妙・
多彩で、実例を挙げれば、こんな「真ん中」もありました。
○国土の重心・・・石川県珠洲市禄剛崎先の日本海の海上
            地点を国土地理院が認定したもの。

※便宜上一番近い陸上地点に「日本列島真ん中の碑」を建設。

○人口の重心・・・住んでいる全ての人が同じ体重を持つと
            仮定して求めた重心地点。

※この場合の「日本の真ん中」は岐阜県関市あたりになるとか。

この他にも「日本の臍(へそ)とか「日本列島中心点」、さらには
「日本列島ここが中心」など、多種多彩ですが、実に意外な
地域にも、この「日本の真ん中」があったのです。

元を辿れば、平安末期のこんな記事に行き当たります。 
〜田村の将軍征夷のときに、ここが“日本中央の地”であること
  を石に刻みつけた“つぼのいしぶみ”(壺の碑?)が陸奥の国の
  奧にある〜
 ※歌人・藤原顕昭著「袖中抄」

文中の「田村の将軍」とは、征夷大将軍・坂上田村麻呂(758-
811年)
、また「征夷」とはその時の「蝦夷征伐」(801年)を指して
いると思われます。

そして、長らく探し求めていたその伝説?の“つぼのいしぶみ”
ではないかとされる「石碑」が青森県上北郡で発見(1949年)
されました。 表面にやじりで彫った「日本中央」の文字が見える
高さ1.5mほどの自然石です。

※現在は上北郡東北町 「日本中央の碑保存館」 に保存展示。

中央どまつり51 中央石碑02








   「にっぽんど真ん中祭り」     「日本中央の碑」

 にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓
↑応援クリックは↑

それにしても、現在でさえ「東北地方」(東北方域)と呼ばれ、問題の
記事ですら「陸奥(陸の奥)の国」としている地域のそのまた
“奥”が、なぜ“日本中央”の地なのか? これが不思議です。

ただ記録によれば、田村麻呂自身はこの地に到達してはいない
らしいこと、またそこに刻まれた文字も一見して達筆であるとは
言えないことから、発見された石碑が果たして“つぼのいしぶみ”
そのものかどうか、若干の疑問点も残されてはいます。

そうは言うものの、何らかの理由があって、当時の人たちがこの
地を「日本中央」と認識していたかもしれないわけで、そこで
この文言については、多彩な解釈・説明が加えられています。

そうした中でも、いささか興味を引くのは下記の解釈です。
○元々蝦夷地が「日本」(ひのもと?)という名称を使っており、
  その中央に位置したので、「日本中央」なのではないか?


津軽の安東氏「日之本将軍」を自称し、しかもそれが天皇にも
認められていたことや、さらには豊臣秀吉(1537-1598年)の手紙
でも奥州を「日本」と表現した例があること、などがその傍証と
して挙げられています。
※鎌倉時代〜戦国時代、陸奥国や出羽国の北部に勢力を張った武士一族

そしてまた、現在の「日本(国)という名称が定着した時期は、
7世紀後半から8世紀初頭の間と考えられるため、もしそうなら、
それ以前から蝦夷が使っていたものを、和人側がちゃっかり
「パクった」という疑惑?も否定できないことになるわけです。

さらには、「日本中央」の文言を多少飛躍して解釈するなら、
田村麻呂の時代には今日のように名古屋ではなく、この地域で
「にっぽんど真ん中祭り」?が開催されていたことも考えられない
わけではありません。

その名残りが「青森ねぶた祭り」として、現代にも継承されて
いると考えれば、この空想?推理?も一応の筋は通っている
わけで、現にこんな説明もあります。

〜「青森ねぶた祭り」は田村麻呂が陸奥国の蝦夷征討
  戦場において、敵をおびきよせるために大燈篭・笛・太鼓で
  はやし立てたことに由来する〜
 ※第3期?/789-803年

そうであれば、ひょっとしたら、当時はこの地で「にっぽん
ど真ん中祭り」
が開催されており、問題の石碑「日本中央」
その会場案内の道標、または記念モニュメントとして製作された
可能性も否定できないことになるわけです。 
なに! 会場は「名古屋」でなくて「青森」ってか?・・・うぉ寒ッ!




 にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓
↑応援クリックは↑
 



−−−これまでの 「パクリ」 シリーズ−−−−−−−−−−−−−−−−
314 日本史の「パクリ」09 熱田の杜に奇ッ怪空間! ミスマッチ?なコラボ
269 日本史の「パクリ」08 我が血統が治めるべき国 似て非なる統治姿勢!
233 日本史の「パクリ」07 お宝”北条氏”頂きました リサイクルなら手早いゾ!
152 日本史の「パクリ」06 祝言から神前そして”空前”へ 追いつけない神々
128 日本史の「パクリ」05 ビジネスモデルは目の前に 一人だけ気が付いた!
094 日本史の「パクリ」04 血筋をブランドに! ブランド好きな日本人!
077 日本史の「パクリ」03 ヘソクリ妻とチャッカリ夫 努力なしで出世しよう!
041 日本史の「パクリ」02 二世と三代 将軍・家光の直筆が動かぬ証拠だ!
040 日本史の「パクリ」01 天照と東照 徳川家の天皇家コピー大作戦!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ヤジ馬の日本史〜超駄級・200記事一覧〜 前編「あ→と」巻 七転び八起き!
ヤジ馬の日本史〜超駄級・200記事一覧〜 後編「な→ん」巻 あゝ七転八倒!
ヤジ馬の日本史〜超駄級・300記事一覧〜 202−209編 堂々肩すか史!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本史の「パクリ」10 日本の”真ん中”ってどこ? ヤジ馬の日本史/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる