ヤジ馬の日本史

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本史の「事始め」04 将門の”本邦初”三冠王

<<   作成日時 : 2015/07/10 00:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

初めての武家政権である鎌倉幕府が誕生する250年も前の
こと、すでに武士勢力は台頭し始めていました。
その草分け的存在とされているのが平将門(生年不肖-940年)
ですが、この方、少なからず「日本初」のタイトル?を保持して
いるのです。 では、いったいどんな「日本初」タイトルを?

まずその第一は、「日本刀」の発明者?と言われていることです。
その背景には、従来型の反りのない直刀から反りを有した湾刀
(わんとう)へ移行し始めた時期が、この平将門が活動した時代と
重なっている事実があるのですが、しかし、だからと言って、この
発明がズバリご本人によるものかといえば、多少微妙な印象も
拭えません。

馬上の戦いで刀を振り回すには、「直刀」よりも反りのある
「湾刀」の方が、断然便利?とされているですから、その発明者
が歴戦の勇士でかつ知名度抜群の将門サンだとした方が、話に
華があって確かに好都合という事情もあったのでしょう。

二つ目には、朝廷からの「分離独立」?運動、つまり「武士の
持ちたる国」の実現を目指したことが挙げられます。
大昔はともかくも、天皇の権力が安定した後になって、こうした
「分離独立路線」を打ち出し、実際に行動を起こしたのは、この
将門がそれこそ「初めて」のことでした。

自ら「桓武天皇5世」であると名乗り、血統の正当性をアピール
した将門は同時に「新皇」を自称しました。
西が従来通りの「天皇」を戴く国であるなら、オレは東のニュー
「武士の国」の「新皇」だゼ、といったところでしょう。

しかし、旧来の天皇の御稜威を根底から否定するがごときの、
将門の主張・行動は、朝廷側にしてみれば、まさに「極悪人」の
所業にほかなりません。
そこで朝廷はこれを厳しく懲らしめておく必要があると判断し、
実際そうしました。 朝廷のセリフ・・・なめたらいかんぜよ!


将門矢62 将門首51














     矢を受けた将門          獄門刑の将門

  応援クリックは→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓

将門の「新皇」は即位後わずか二ヶ月足らずで、実にあっけなく
終息を迎えます。 しかし、なぜまたそんなことに?
戦の陣頭に立って奮戦していた将門の周りで突風が舞ったもの
か、それに驚いた馬が突然棹立ちになったところへ矢が飛んで
きて・・・なんとオデコに命中、将門はあえなく戦死。

将門のオデコがよほど広かったことも考えられますが、それに
しても・・・不運の極みです。
そして将門の首は都へ運ばれ、それまではなかった「獄門刑」
(晒し首)
に処されました・・・これが将門三つ目の「日本初」です。

根っから穢れを嫌う朝廷が、かつてない残酷な刑をもって対処
したのですから、将門による「分離独立」闘争は、よほど腹に
据えかねたということなのでしょう。

ところが意外なことに、残酷の極みとも言いたくなるようなこの
「獄門刑」自体は、以後割合ポピュラー?な刑として定着し、
武士の時代はもちろんのこと、「文明開化」が謳われた明治時代
に入ってさえ続いていました。 ※維新十傑・江藤新平も1874年に。

ようやくのこと廃止されたのが1879年(明治12年)のことですから、
将門に始まり実質950年以上の長きに渡って日本人に親しまれ
てきた?刑ともいえるかもしれません。
(これは「伝統芸」ならぬ「伝統刑」?と呼ぶべきでしょうか?)

さて、その「獄門」にされた将門とてやられっ放しでいたわけでは
ありません。
今度は死せる将門が・・・なめたらいかんぜよ!
この怨念は半端ではなく、20世紀に至っても収まる気配を見せ
ませんでした。

1923年(大正12年)のこと、東京のド真ん中・大手町にある
「平将門の首塚」を壊して、大蔵省の仮庁舎を建てる計画が
進められたところ、ドッコイその直後から大臣やら工事関係者
数十人が次々と亡くなりました。

また将門の死後1000年にあたる1940年(昭和15年)には大蔵省
に落雷があり主要建造物が炎上、さらには終戦直後(1945年/
昭和20年)
、GHQにより再び「首塚」を取り壊す計画が持ち上がり
ましたが、これも工事中に事故死亡が発生したため急遽中止に
・・・う〜ん、実に執念深いヤツだ!

ここからは予測・予言になりますが、この調子だと将門の怨念は
さらにパワーアップして、死後1100年に当たる“2040年”には、
ごく少数の例外を除いて、おそらくは“1940年”(死後1000年)より
以前に生まれた日本人のほとんど全員の命を奪うという惨状を
作り出すことになるのでしょう。 
う〜ん、本当にヒつこいヤツだ!




  応援クリックは→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓

          



−−−これまでの 「事始め」 シリーズ−−−−−−−−−−−−−−−
291 日本史の「事始め」03 気迫と創意の二段構え 半身不随で自決断行!
281 日本史の「事始め」02 日本ヒコーキ野郎の足踏み 半歩遅れた大発明!
275 日本史の「事始め」01 将軍は”オンチ”が大嫌い 尾張藩主の所信表明!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ヤジ馬の日本史〜超駄級・200記事一覧〜 前編「あ→と」巻 七転び八起き!
ヤジ馬の日本史〜超駄級・200記事一覧〜 後編「な→ん」巻 あゝ七転八倒!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めての書き込みすごく迷いましたが、沢山のこと今まで抑え込んで来てこれ以上抑えこんでたら壊れてしまいそうで…勇気出してみました(*・▽・*)

書き込みしたのも、住兵衛さんのブログに励まされたからなんですよ\(○^ω^○)/
自分を責めるのが癖になっていたんですけどそんな事を続けていても良い事なんてない何もないまま時間が過ぎちゃう…。
そんなの勿体ないと思えたんですo(^▽^)o

だから私の背中を押してくれた住兵衛さんと話してみたいです(´ェ`*)

maki2.co@i.softbank.jp

迷いながらも少しお時間いただけたらと書き残しておきます。楽しみに待ってます!
迷子な私にとって道標のような存在です。
2015/07/14 00:33
コメントありがとう
今後ともどうぞよろしく
住兵衛
URL
2015/07/14 23:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本史の「事始め」04 将門の”本邦初”三冠王 ヤジ馬の日本史/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる