ヤジ馬の日本史

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本史の「忘れ物」17 義経の常識のかけら

<<   作成日時 : 2014/04/20 00:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

その多くはドラマなどで創られたものでしょうが、現代人が
抱く平均的な源義経(1159-1186年)のイメージといえば・・・
頭も良くイケメン、かつ天才的な武将、さらには運動神経も
抜群で、その上に悲劇性も漂わせた超スーパーヒーロー・・・
こんなところでしょうか。

決してこの「イケメン」という部分にこだわるわけではありません
が、この評価はかなり表面的であり、むしろ「虚像」に近いものと
思えます。 
というのは、義経の「生い立ち」をスッポリ忘れた評価になって
いるからです。 では、その「忘れ物」?とは?

実は、父・義朝が「平治の乱」(1160年)で敗死した後、鞍馬寺へ
預けられ、その後に奥州平泉に姿を現わすまでの間の義経の
生活ぶりについてはほとんど分かっていません。

ですが、なにせ「逃亡者」の身ですから、常識的にはかなり
特殊な環境に身を置いていたと捉えるべきでしょう。
少なくとも、人間同士の心のふれあいとか、当たり前の社会常識
などをしっかり習得できる、いわゆる「普通」の境遇にはなかった
ことも大いに考えられます。
・・・義経は人間としての「常識」に欠けた人物だった?

確かに、兄・頼朝に従い集団生活に入ってからの義経は露骨に
この未熟さ弱点をさらけ出しています。
しかも、義経自身はその「常識不足」のせいもあって、そのことに
てんで気が付かないままでした。

常識人である同僚?・梶原景時とはまったく反りが合わず、度々
衝突を繰り返しましたし、また兄・頼朝に無断で官位を受けた
ことも、さらには部下を勝手に成敗したことも、これらすべてが、
義経には「常識のかけら」もなかったからこそ「できちゃったこと」
と考えるなら矛盾なく説明がつきます。


画像 画像












     ひよどり越えの奇襲       源義経:中尊寺蔵

  応援クリックは→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓


さらには、義経が取った「戦術」にもそれが色濃く出ています。
平氏の背後を突く「誰も思い及ばなかった」奇襲作戦を「天才的
な発想」と無邪気に評価する向きもありますが、逆にいうなら、
「常識ある」人間には到底実行できない「常軌を逸した行動」とも
解釈できるわけです。

その証拠は「壇ノ浦の戦い」(1185年)に求めることができます。
戦場で戦闘に参加するのはあくまでも戦闘員です。
船を操る「漕ぎ手」は非戦闘員であり、当時でさえもこれを殺傷
するようなことは戦闘ルールとしても認められるものではありま
せんでした。

ところが、「常識のかけら」も持たない義経は非戦闘員である
はずのこの漕ぎ手を攻撃するよう、平然と命令しています。
操縦不能の船に乗った敵なら、たやすく攻撃できるからです。
(ただし、これについては小説やドラマの創作という説もあるようです)

ですからその実像は「天才武将」どころか、社会規範すら眼中に
ない、まさに「傍若無人な無法者」に近かったと思われるのです。

「性格」だけでなく義経の「容姿」にも触れてみましょう。
(念のためですが、なにも「イケメン」の評判に嫉妬しているわけではないゾ!)
「平家物語」にはこう書かれているそうです。
(義経は)チビで出っ歯(だそうだゾ)

あまりに無遠慮なこの紹介?ぶりは、正直もう少し穏便な表現
でもよかった気がしますが、つまりは特段の「イケメン」では
なかったことを強く示唆しています。

事実、中尊寺蔵の「義経像」の方も「イケメン」抜きのむしろ
「普通のオジサン」風?に描かれています。
ですから、「義経イケメン説」は「義経ジンギスカン説」と同様に
それ以後に広まった単なる伝説?に過ぎないのでしょう。
※戦国時代または江戸時代あたりの作とされている絵

つまり、「常識のかけらもない無法者」という実像?は今や
すっかり忘れ去られて、虚像?「イケメンで天才」の方で堂々と
生き続けているわけです。
〜う〜ん義経って、なんちゅう要領のいいヤツなんだッ!〜




  応援クリックは→ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  ↓コメント欄はいちばん下↓




−−−これまでの 「忘れ物」 シリーズ−−−−−−−−−−−−−−−
176 日本史の「忘れ物」16 反日は韓国人の証? 歴史歪曲言いたい放題!  
156 日本史の「忘れ物」15 ”生類”と”魔女”の背比べ? 優劣の判定は?
154 日本史の「忘れ物」14 アメリカ船はいつ来たか? 黒船来航の前史!
134 日本史の「忘れ物」13 いまさらですが“三種神器” 誰も見ていない?
127 日本史の「忘れ物」12 関東と関西の国境線? そこは戦場の最適地!
117 日本史の「忘れ物」11 時代の透明人間 発言できなかった多数派!
091 日本史の「忘れ物」10 コスプレの元祖? 心優しき神々の善意!
087 日本史の「忘れ物」09 歴史学者のミスリード “改革”なんて変すぎる!
081 日本史の「忘れ物」08 天孫降臨の錯覚 前後左右にも”天”はある!
075 日本史の「忘れ物」07 UFOの訪日と攘夷論 とりあえずやっつけよう!
068 日本史の「忘れ物」06 唯一のチベット寺院 寺から言霊まで勢ぞろい!
065 日本史の「忘れ物」05 やじろべえ国家 一極集中はそれだけで悪だ!
062 日本史の「忘れ物」04 幕府の無断転居 室町ってどこにあるのさ?
053 日本史の「忘れ物」03 信長と平和事始 それは平和への戦いだった!
051 日本史の「忘れ物」02 奥州四代の奇習 滅亡した独自の「死生観」とは?
048 日本史の「忘れ物」01 蓮如の業務改善 その昔も”カイゼン”はあった!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ヤジ馬の日本史〜超駄級・200記事一覧〜 前編「あ→と」巻 七転び八起き!
ヤジ馬の日本史〜超駄級・200記事一覧〜 後編「な→ん」巻 あゝ七転八倒!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本史の「謎解き」20 ヤマトタケルは何故キレた?
お国は違いますが、「穏やかさ」が売り?のあのイエス・キリスト さんも意外な一面をお持ちでした。 それは、イエスさんがお弟子たちの一行とともにエルサレムに 着いたときの出来事・・・神殿の境内に入ったイエスさん自らが いきなりのこと、商人達を追い出す/商品の羊・牛は追っ払う/ 商品棚や腰掛はひっくり返す/など激しい乱暴狼藉?を披露 したことです。 ...続きを見る
ヤジ馬の日本冗史
2015/02/08 16:52
日本史の「忘れ物」23 戦国”戦死者”の弔い作法
戦国時代(室町時代末期)は、文字通り全国各地で活発に “戦(いくさ)”が展開された時代です。 しかし“戦”の頻発は、言い替えればそこで命を落とす、つまり 大勢の”戦死者”を生み出すということでもあるわけです。 ...続きを見る
ヤジ馬の日本史
2016/01/24 23:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
その通りだと思う。世の中には、”暗黙の了解”というのもがある。

例えば、地下鉄内での毒ガス攻撃。これは、世界中のテロリストの中でタブー視され、絶対に行われなかった作戦だが、無知なオウム真理教がやってしまった。

義経がやった事は、正にこれだ。

それを”天才的”と称えるのは、愚行である。
PERO
2016/03/18 20:50
>PEROさん

コメントありがとうございます。
同じように受け止めてくださる方がいて
心強い限りです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
住兵衛
URL
2016/03/19 09:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本史の「忘れ物」17 義経の常識のかけら ヤジ馬の日本史/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる