ヤジ馬の日本史

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本史の「女性」11 忘れた頃の”女性天皇”

<<   作成日時 : 2013/08/15 08:50   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

一時期、「女性天皇」が話題に上がったことがありましたが、
では、これまでの「女性天皇」についてなにかご存知ですか?
なんとなく、古い時代には少し多目だったかな?程度の印象は
あっても、あまりよく知らないと言うのが正直なところでしょう。

それで、調べてみました。
なるほど、確かに7〜8世紀頃は「女帝ラッシュ」の傾向が
ありましたが、第48代・称徳(在位764-770年)の後はパッタリと
途絶え、次の「女性天皇」の登場は第109代・明正(在位1629-
1643年)まで待たねばなりません。

つまり、この「明正女帝」は代数ならおよそ六十代、年数なら
およそ860年を経ての登場ということになることもあって、
「忘れた頃の女性天皇」という表現もあながち大げさでは
ないようです。

しかし、このような「特異」?な現象の裏には、歴史の常として
必ずと言っていいほど、それなりの「事情」を抱えているものです。
では、この「明正女帝」誕生の経緯は?
まずは、この女帝のご両親に触れてみましょう。

父上が後水尾天皇、母上は徳川二代将軍・秀忠の娘。
・・・ですから、この「女性天皇」は徳川将軍家からみれば、
二代・秀忠の孫娘であり、初代・家康の曾孫娘ということで、
将軍家の血も引いた「天皇」ということになります。

ところが、紫衣事件春日局の無官参内など、幕府側のたび
重なる無礼にプッツンした、時の天皇・後水尾は、1629年突然の
こと、わずか7歳の娘に譲位し、ここに「忘れた頃の女性天皇」
(むしろ「幼女帝」?)
の登場を見ます。


画像








「葵の帝 明正天皇」
小石房子:著


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ ←お立ち寄り”記念クリック”も!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

新女帝の伯父に当たるのが、時の将軍(三代)・家光ですが、
後水尾のこの突然のプッツンには、さすがに「吃驚仰天」した
ものと想像されます。

それはそれとして、わずか7歳の女の子に一人前の仕事を期待
するのも無理なことですから、当然、前天皇である父・後水尾が
後見人の立場に就くことになります。

というよりは、「ダミー天皇・明正」の誕生と理解する方が話が
早いのかもしれません。
つまり、後水尾の「院政」が開始されたということです。

そして、明正女帝は21歳の折、これもわずか11歳の異母弟
(後光明)に譲位し、自らは太政天皇となり1696年74歳で崩御
しました。 過去の女帝にも例があったように、この明正も
生涯独身を通しました。

しかし、これには父・後水尾の深謀遠慮が働いていたのでは
ないか、との見方もあるようです。
つまり、後水尾は、先手を打って娘を「女性天皇」にすることで
「生涯独身」の立場に立たせたという解釈です。

では、可愛いはずの娘に、なぜそんなことを?
どう見たって、それは「血の排除」に他ならないでしょう。
要するに、我が娘が「子をなさない」ようにすることで、朝廷内の
「徳川の血」の一掃を計ったということです。

そのくらい後水尾は幕府に対して腹を立てていたということに
なりますが、では、そのキッカケとされる「紫衣」事件にせよ、
「春日局」事件?にせよ、そこまでプッツンするほどの大問題
だったのかといわれれば、正直なところよく分かりません。

「身分意識」が薄れている現代庶民の目には、所詮雲の上の
〜天皇家と徳川家双方の意地とメンツのぶつかり合い〜
過ぎないのでは?という印象です。

ちなみに、諡名の「明正(めいしょう)」は遥か昔のお二人の
「女性天皇」から一字づつ取ったとされています。
第43代 元明(在位707〜715年)42代・文武天皇の母(草壁皇子の妃)
第44代 元正(在位715〜724年)42代・文武天皇の姉(生涯独身


それはともかく、この「明正女帝」の経緯を知ってか知らずか、
〜どんなに頭を下げられたって天皇家や宮家には
 ウチの娘は絶対に嫁にはやらんゾ!〜
と力んでいる人を
ワタシは知っています。

で、その人に向け、冷静かつ適切なアドバイスを・・・
〜その前に、まず「娘」を持つことが必要ではないのかえ?〜




   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ にほんブログ村 にほんブログ村 トラコミュ 日本史同好会へ 
     ↑折にふれ 1日1回の応援クリックを!↑

          



−−−これまでの 「女性」 シリーズ−−−−−−−−−−−−−−−−−
135 日本史の「女性」10 何が正室に起こったか? 特別葬儀の真相?
110 日本史の「女性」09 未開人への好奇心 女を王とするトンデモ野蛮人?
102 日本史の「女性」08 信玄の血は残った 70歳と17歳、異色のカップル!
090 日本史の「女性」07 カカア殿下は先祖がえり? 知られざる女性パワー!
084 日本史の「女性」06 幼な姫のトラウマ 六歳で婚約、幸薄き短命人生!
074 日本史の「女性」05 宮廷の不都合な真実 どこから見たら”雅”なのだ!
064 日本史の「女性」04 歌舞伎女優の落胆 見直されなかったワンチャンス!
054 日本史の「女性」03 呪詛と空前自害 将軍を取り巻く気性激しき女性達!
047 日本史の「女性」02 お江の将軍構想 お江VS家康、嫁と舅の丁々発止!
043 日本史の「女性」01 禅尼の動機 執拗な助命嘆願、その真意はどこに?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ヤジ馬の日本史〜超駄級・100記事一覧編〜 神話から戦後まで一挙公開!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本史の「女性」11 忘れた頃の”女性天皇” ヤジ馬の日本史/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる