テーマ:桜田門外の変

日本史の「例外」02 天皇家好きの将軍家親戚

~朝方(午前9時頃)、藩士15名を含めた総勢60名ほどの護衛を従え、   彦根藩邸を出た大老・井伊直弼(1815-1860年)は、江戸城の入口・   桜田門の前で暴漢集団に襲われ絶命(即死)に至った~ これが今から160年ほど前に起きた「桜田門外の変」(1860年)です。 その彦根藩邸から職場・江戸城の入口まで実は僅か五・六…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「信仰」04 災い列島!幕末の改元

芳しくないことが続くと、~それまでのことを水に流す~とか ~祓い給え清め給え~などの神道的感性をもって、心機一転、 あるいは気分一新、つまり「仕切り直し」をしたいとする心根を 日本人は昔から持っているようです。 別の言葉にするなら、ソロバンの~御破算で願いましては~と いう掛け声と同様なもので、それ以前のことはチャラにして…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more