テーマ:トンデモ説

日本史の「怪人」10 火吹き達磨のトンデモ説

大村益次郎(1824-1869年)は長州征討(1864/1866年)や、 戊辰戦争(1868-1869年)などで指揮を執り、長州藩の勝利を 導いたことで、「維新の十傑」に名を連ねる人物です。 逆に言えば、「維新の三傑」(西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允) ほどには有名でないということかもしれません。 それに、村田蔵六という別…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more