テーマ:卑弥呼

日本史の「冗談?」17 歴史オンチはホラを吹く

詳しいことは忘れてしまいましたが、 ~自分は歴史にはとんと疎くて、実は室町時代と鎌倉時代のどちらが   先なのかも、よく分からない~ 昔の小説にこんな自称・歴史オンチが登場していた記憶があります。 ままあり得ないこととも言い切れませんが、これをもう少し発展させれば、 歴史オンチの会員数?はもっと増えようというものです。 ~自…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「忘れ物」26 人口僅少時代に巻き戻す

「小人閑居して不善をなす」・・・小人物(つまらぬ人間)がヒマを持て余すと、 とかく悪事に走りやすい、という意味です。 ところが、確かに「小人物」に違いないけど、筆者の場合は「不善をなす」 どころか、そのヒマを逆利用して人口の変遷、少し堅苦しい言葉なら 「人口動態」、これに目を配ってみました。 褒めてやってください。 さて「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「迷宮入り」16 卑弥呼は文字を読めたの?

遥か昔の「邪馬台国」、その女王・「卑弥呼」(生年不詳-248年?) は文字※を読むことができたのか? この問いには文字が日本に伝わった時期の把握と、もう一つ、 卑弥呼の教養?レベルを知る必要がありそうです。 ※この場合は「漢字」を指し、「アルファベット」ではない! 念のため。 ではまず、・・・文字はいつ日本?に伝わったのか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

日本史の「女性」15 兼任皇后?の神出鬼没

二十世紀に入ってから(1926/大正15年)のこと、表向きは 「万世一系」とされている「歴代天皇」の顔ぶれを見直す作業に 及んだことがあります。 簡単にいえば、再調査・再点検を施したというところでしょうか。 しかし、考えてみれば、その「順序」と「顔ぶれ」が、きっちり 固まっているからこそ「万世一系」のはずで、それを自由に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「女性」09 未開人への好奇心

三世紀・中国の「三国時代」、中国大陸での会話。 魏人A 「おいおい、聞いたか?東の島の土人たちはことも      あろうにオンナを王にしているそうだぜ!」 魏人B 「そんなアホな、ニューハーフならともかくもオンナとは!      その土人たちの頭は確実に変態だ!      でも、一体何のためにそんなスカタンなことを?」 魏人…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「女性」07 カカア殿下は先祖がえり?

現代日本人が「昔の女性」の生活ぶりをイメージできるのは、 遡っても明治時代、欲張ってもせいぜい江戸時代まででしょう。 もっとも、それが正しいイメージなのかどうかは別問題です。 つまり、戦国時代(1470年頃~1570年頃)より以前の女性像は 明治・江戸時代の女性像からヒントを得ながらそのイメージを 最大限に膨らませた、いわ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

女性天皇と二匹目のドジョウ

人間は「成功体験」を忘れられない生き物である。 いわゆる「二匹目のどじょう」という言葉は、このことを 指しているのだろう。 「国家」についても同様なことが言えそうだ。 この国の初期の「成功体験」はおそらく、トップに 「女性(卑弥呼)」を立てることで、政情の混乱を解消できた ことであり、その時の爽快感はその後も長く残ったと …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「女王と男弟」その虚構

「天孫降臨」の神話は、持統女帝(祖母)から文武天皇(孫)への 皇位継承の経緯をモデルにしているという指摘もある。 史実にヒントを得て、お話(フィクション)を創作している、 と言っているわけだ。 もしこれが本当なら、同様のスタイルで「お話」を作ったケースが 他にもあったとしても、不思議ではないことになる。 さて、これも「そのひ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「畿内と九州」その真相

もちろん「邪馬台国」の比定地論争のことである。 ただ、この論争には畿内説を採るのは○○大学系の、 九州説の方は◇◇大学系の研究者が多いという、 不思議な実態が存在している・・・らしい。 仮に候補地がこの2ケ所だけであり、この他には候補地に 挙げられるような場所がまったくないとしても、○○系は畿内説、 ◇◇系は九州説、とき…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more