テーマ:日本史

ヤジ馬の日本史~超駄級・500記事一覧~ №401-499編/満腹にぎりめ史!

これまで書き連ねた記事が通算500本に到達しましたので、 今回その節目として改めて直近100編(№400~499)を 整理してみました。 全編粒揃いの「超駄級」であることから、全国津々浦々の ヒマ人様からは、「時間潰し」の最適ツールとして、割合に 控えめなご好評?も頂いております。  管理人:住兵衛 500 ヤジ馬の日本…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「陰謀」22 歴史は勝者が作る・・・もの?

~歴史は勝者が作る~という言葉があります。 新たに支配者となった「勝者」が、自らを正義とした主張に沿って次の時代の 社会秩序が構築されていくことを思えば、確かに説得力のある言葉です。 たとえば、奈良時代に成立した日本最古の正史とされる「日本書紀」(720年) がいい例で、ここにある内容も最終的な勝者となった天武天皇(631?…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヤジ馬の日本史~超駄級記事一覧~ №301-400編

これまでの記事が通算400本に到達したのを機に、 今回改めて直近100編(№301~399)を整理してみました。 全編が粒揃いの「超駄級」であるため、全国のヒマ人様からは 「時間潰し」のベストアイテムとしてご好評?を頂いています。                                   管理人:住兵衛 400 …
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

ヤジ馬の日本史~超駄級・300記事一覧~202-299編

これまでの記事が述べ300本に到達したのを機に、 今回改めて直近100編(№202~299)を整理してみました。 全編が粒揃いの「超駄級」であるため、全国のヒマ人様からは 「時間潰し」のベストアイテムとしてご好評?を頂いています。 ※なお、それより以前の200編はここに並べました。 ヤジ馬の日本史~超駄級・200記事一覧~…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

~超駄級・200記事一覧~ 前編「あ→と」巻

粒揃いの「超ド級」、いや「超駄級」との定評を戴いている 「ヤジ馬の日本史」 全記事を、今回 「あ→と」巻&「な→ん」巻 に まとめ、「おヒマ潰しツール」としてリサイクルしましたので、 どうぞお気軽にご活用ください。 前編「あ→と」巻/管理人:住兵衛 あ-- 「アレンジ」 シリーズ -------------------…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

ヤジ馬の日本史 ~超駄級・100記事一覧編~

100本全記事が粒揃いの「超ド級」、いや「超駄級」であることは 自他共に認めるところで、どなたにご覧いただいてもこの点だけ はご納得いただけるものと自負しています。  時間を持て余し気味の  皆さんの「おヒマ潰し」と  してお役に立てるよう、  今回これを「一覧編」と  して整理」してみました  のでごゆっくりど…
トラックバック:10
コメント:1

続きを読むread more

「目次」 ~2012・03・31

気がついたら、スタートから半年ほど経っていましたので、 これを機会に今までの記事を一覧整理してみました。 今後ともよろしくご愛顧のほどお願いいたします。 by 住兵衛  (左) 徳川家光 様  (中) 鞍馬天狗 氏  (右) 大岡越前守 殿   イラスト出展   Atnet Japan! ~~~~~~~~~~~~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性天皇と二匹目のドジョウ

人間は「成功体験」を忘れられない生き物である。 いわゆる「二匹目のどじょう」という言葉は、このことを 指しているのだろう。 「国家」についても同様なことが言えそうだ。 この国の初期の「成功体験」はおそらく、トップに 「女性(卑弥呼)」を立てることで、政情の混乱を解消できた ことであり、その時の爽快感はその後も長く残ったと …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「時代の転換」その儀式

授業で学んだ歴史の「江戸時代」について、みなさんはどんな 印象をお持ちだったろうか? 訊ねてみると、封建制・士農工商・鎖国・飢饉などの言葉から、 結構「薄暗い社会」をイメージしていた人も少なくないようで、 現に私もその一人だった。 では、これは本当に「正しい」印象なのだろうか? 結論から言えば「必ずしも正しくない」とは言…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

~ご挨拶~

日本の常識は世界の非常識? そんな風土を培った「日本史」の不思議をせっせせっせと ヤジ馬しよう!と思い立ったのが、この「ヤジ馬の日本史」です。 ご愛顧ください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more