テーマ:東海道五十三次

日本史の「アレンジ」20 草書風な五十三次宿場町

必ず毎日というわけではありませんが、機会があれば熱田神宮界隈の散歩 することが筆者の楽しみの一つになっています。 トボトボ歩くのにほど良い距離であることも理由ですが、いつも緑に 包まれたる静閑な環境が大きな魅力でもあります。 ただ、以前に比べ、最近はその熱田神宮界隈で数人程度の旅行者 グループを見かける機会が目立って多くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「逆転」17 隣国へ三里七里十里の渡し

江戸・日本橋から京・三条大橋に至る「東海道五十三次」の 道中、尾張国から伊勢国へ向かう宿場町には、東から 40鳴海宿→41宮宿(尾張国)→(伊勢国)42桑名宿→43四日市宿 がありました。 そして、同行程の「唯一の海路」として有名なのが「41宮宿」と 「42桑名宿」の間を船で結んだ、いわゆる「七里の渡し」※です。 その移…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more