テーマ:薩摩藩

日本史の「誤算」15 幕末騒乱は変則タッグ続き

敵味方の立場がコロッと入れ替わってしまうような一筋縄ではいかない 政治的な動きが、幕末には結構多く登場しました。 そうした出来事を並べ立てるなら、それこそ枚挙に暇がないので、そこで 断片的ですが、今回はそうした幕末の変則タッグを取り上げてみました。 時系列にはとんと頓着していませんので、その辺は悪しからずネ。 まずは、公武…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「微妙」13 幕府と外様のネジレ相関図

  豊臣秀吉(1537-1598年)亡き後、「関ヶ原の戦い」(1600年)に勝利し、 その豊臣家を押し退ける形で実質的に天下を掌握したのは、豊臣政権の 中枢にあった徳川家康(1543-1616年)でした。 その「関ケ原の戦い」において薩摩藩は、島津家当主の弟・島津義弘 (1535-1619年)が少数の兵を率いて反家康側に立ちま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「冗談?」15 新政府は”借金清算”事業団?

現代なら莫大な借金を抱えて返済不能に陥った場合、普通は会社は「倒産」、 個人は「自己破産」に至ることで、一応の決着はつくものです。 では、これが江戸期の「藩」の場合だったらいったいどうなるものなのか? 実際、幕末期においてはそれこそ「莫大な借金」を抱え込んでいた諸藩も 少なくなく、俗にいう「薩摩藩77万石」もその仲間でした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「逆転」 02 木曽三川 レ・ミゼラブル!

一切れのパンを盗んだがために19年間の過酷な監獄生活を 強いられた挙句、出獄後の自由も認められず、生きている限りは ”仮釈放”の扱い・・・これが主人公・ジャン・バルジャンの 半生です。 一方、スキあらば監獄へ戻すべくバルジャンの監視を続けるのが 宿敵?ジャベール警部という構成の物語「レ・ミゼラブル」は、 最近映画でも人気…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more