テーマ:天下布武

日本史の「タブー」13 時流御免蒙の独創覚悟

とてつもなく意外な発想とか、あるいは当時の常識にはとんと囚われない言動 とか、その時代の常識の枠内に収まっていないように感じられる出来事も、 時として歴史の中には登場します。 この表現では、筆者の言おうとしていることがイマイチ分かりにくい印象です ので、二三の具体例を挙げておきましょう。 例えば、こういうことです。 ずっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「パクリ」15 天下布武は神の座から

尾張国・織田信長(1534-1582年)が、「天下布武」との印文を自分の朱印と して用いるようになったのは、美濃攻略を成功させた後、井ノ口を岐阜と 改名し、自らの拠点を尾張国・清州からこの地へ移した1567年頃からだと されています。 この文言は、一般的には天下統一への意識を強く示したものとの説明に なっています。 とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more