テーマ:清少納言

日本史の「女性」18 アナタのお名前なんてぇの?

皇族以外、つまり人臣の立場にあって初めて「摂政」の座に 就いた藤原良房(804-872年)の娘に「明子」(829-900年)という 名が見えます。 のちに文徳天皇の女御となり、 「染殿后(そめどののきさき)」と呼ばれた女性で、大変な美貌の 持ち主だったと伝えられています。 高い身分にあった、この「明子」は、運よく「文字」と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本史の「デジャヴ」14 前をまくれば一目瞭然!

相手の性別(男女)を判別する材料は、最初に髪型・衣装など が多く・・・この基本スタイルは昔も今もあまり変わっていません。 ですから、「スキンヘッド」の上に、地味目な「衣装」に身を包んだ 「僧姿」に遭遇したりすると、一瞬その判別に迷いを生じることも あるわけです。 だとすれば、一番手っ取り早い「男女の見分け法」はご本人の …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more