テーマ:孝明天皇

日本史の「災難」04 複雑系?四兄弟の幕末維新

いわゆる「幕末維新」のお話ですが、やや複雑系?の内容に なりますので、体調もしくは頭調が優れない方にはお奨め いたしておりません。 その点、悪しからずご了承ください。 さてその頃、現在の岐阜県海津市に当たる地域に「美濃国・ 高須藩」という3万石ほどの小さな藩がありました。 その藩主・松平義建(よしたつ/1800-1862年…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「忘れ物」22 幕末天然痘の震撼レポート

現代日本ではとんと見られることがなくなった病気「天然痘」も、 実は明治時代に入るまではかなりの猛威を奮っており、その 凄まじい病状自体もまた「恐怖の対象」になっていました。 仮に、運よくこの「病状」を乗り越えられたとしても、明瞭な 病痕を残す人も少なくありませんでした。 実際、幕末期の肖像写真の中には、はっきりそれと分かる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「逆転」14 維新”オセロゲーム”模様

表裏がそれぞれ白と黒になっている石?駒?を使うゲーム ”オセロ”では、直前までほとんど「黒一色」にあった盤上が、次の 一手によって今度はほとんど「白一色」になるという「劇的変化」 を作り出すことがあります。 ※これを指す正式な言葉は知りませんが、 ここではゲームの名を拝借して“オセロ現象”?と命名しておきます。 実際の歴史…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「列伝」03 証拠は源氏物語にありッ!

黒船来航(1853年)以降、ずるずると開国路線に踏み出した幕府に 対し、それを認めない孝明天皇は逆に攘夷死守を申し渡すなど、 実際この国の「外交路線」は大きく揺れていました。 ところがこの時、実は幕府(武士)側も、また朝廷(孝明天皇)側も とんでもない大きな誤解?の上に立っていたのです。 ~我が国(日本)は昔の昔から外国との接…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「トホホ」14 看板倒れ?征夷大将軍

そもそも「征夷(大)将軍」とは、「東夷」(東の野蛮人・異民族)を 「征伐」する戦いの「司令官」?ほどの意味とされています。 ちなみに、西方面は「征西将軍」、北は「鎮狄将軍」と言い、 これは中華思想の「東夷・西戎・南蛮・北狄」※から来ている そうですから、だったら、本来の「征夷大将軍」とは、多数いる 「将軍」の内の一人という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more