テーマ:井上馨

日本史の「誤算」12 長州流?公金処理の御作法

幕府体制が終焉し、世が「明治」を迎えた頃の世情には混沌としたもの がありました。 諸外国がつけ入ることのないだけの短期間のうちに、それまでの 「ほとんど なにもかも」を作り替えてしまおうとするのですから、 そうした状況があるのは、ある意味ではやむを得ないことかもしれません。 事実、この時期には明治新政府の要人が絡んだ事件が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本史の「列伝」16 証文通りで何かご不審が?

現代社会で暮らすほとんどの人間には、社会通念として「公と私」という 観念上の境界線が存在しています。 ~「公」とは社会生活における自分(公人として)の立場であり、「私」とは   自分(私人として)のプライベートな生活~  ごく大雑把に捉えるならこんなところでしょうか。 この観念上の境界線を軽視・無視すると「公私混同」という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more