テーマ:勝海舟

日本史の「ツッパリ」24 幕末老中の御意見募集

いわゆる「黒船来航」(1853年)によって外国(アメリカ)から開国を求められる ことになった幕府でしたが、ハナから相手の希望に沿うつもりは持っていません でした。 鎖国政策は権現様、つまり幕府創立者である徳川家康(1543-1616年)も 遵守してきた祖法だと強く信じ込んでいたことがその理由です。 祖法違反とは、江戸幕府にとっ…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「女性」24 無血開城はなぜできた

もし、明治新政府側が聞く耳持たぬという強硬姿勢を崩さなかったら、あるいは 幕府側があくまでも抵抗の意思を示し続けたとしたら、「江戸開城」(1868年)は 史実のようには運ばなかったのかもしれません。 実のところ、この「開城」から3ケ月ほど前の「鳥羽・伏見の戦い」に敗れた 旧幕府軍に対し、政府軍(官軍)は徳川家の所領を剥奪だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「言葉」23 恐ろしいものを二人見た

明治時代に入ってからのこと、元幕臣・勝海舟(1823-1899年)が こんな回想をしています。  ~おれは今までに天下で恐ろしいものを二人見た。    それは横井小楠と西郷南洲とだ~ この場合の「恐ろしい」 とは、「夜叉面もどきの怖い面構え」という意味ではなくて、多分 人物の「桁外れの大きさ」を言ったものだと思われます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「列伝」09 海舟の♪浪花節だよ人生は

維新直前の1858年のこと、演習航海を兼ねた長崎海軍伝習所 の練習艦・咸臨丸は、幕臣・勝海舟や練習生たちを乗せ、 薩摩の山川港へ入りました。 そしてこの時、薩摩藩主・島津斉彬(1809-1858年)が自ら 咸臨丸を訪ねたことが、幕臣・勝海舟(1823-1899年)との最初の 出会いになりました。 「黒船来航」(185…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「怪人」08 洋学者”象山”の日本人離れ

モダンダンスの創始者といわれるアメリカの舞踊家・ イサドラ・ダンカン(1878-1927年/女性)が、イギリスの作家・ バーナード・ショー(1856-1950年/男性)に、こう言って結婚を 申し込んだことがあるそうです。 ~「あなたの頭脳」と「私の肉体」を持った子供が生まれたら   どんなにか素晴らしいことでしょう~ これ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more