テーマ:軍事大国

日本史の「迷宮入り」09 幕府が”それ”をしなかった理由

最大の敵「豊臣家」を滅ぼした(1615年)後の幕府・徳川家は ひとつには、不平分子?の「反乱」に神経を尖らせていたこと、 さらには、海外貿易を管理し、ほぼ鎖国?の状態を保つように したこと、こんな状況にありました。 その内、外様大名などによる「反乱」を「想定内」のこととして 警戒していた意識は各藩の配置ぶりからも、また、な…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more