テーマ:崇徳上皇

日本史の「怪人」11 即身夜叉?晩年の壮絶!

生身のままで仏に成ることを「即身成仏」と言うなら、逆に 「即身夜叉」?という言葉があってもいいのでは? ちなみに、ここでは「メッチャ怖い面貌」を「夜叉」と表現して いますが、例えば20世紀アメリカの大富豪ハワード・ヒューズ (1905-1976年)の晩年の姿なぞは、まさにそのイメージに重なる 印象です。 ヒューズは精神面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「ツッパリ」02崇徳の憤懣遺言

死ぬ前に自らの気持ちを強く固めていたのだから、これは 「遺言」と言ってもいいのではないか。 きわめてユニークな遺言?で、こう言い切った。 「頭へきた!実家なんぞ、このオレが没落させてやるゾ!」  イラスト出展:香川県立五色台少年自然センター 自然科学館  さて、この言葉の主、元天皇・崇徳がなんで  また実家・天皇家の没落…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more