テーマ:平賀源内

日本史の「怪人」14 マルチ人間の栄光と挫折

日本列島の住民?は昔々から「鰻/ウナギ」を食べていた ようで、その証拠に遥か昔の「新石器時代」(紀元前8000年~) の遺跡からも、鰻の骨が発見されています。 さらには、これまた古い「万葉集」(7世紀後半~8世紀後半)にも、 鰻を題材にした大伴家持(718年頃-785年)の歌が残されている そうです。 さて、グ~ンと時代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more