テーマ:差別用語

日本史の「災難」05 百姓って誰のことさ?

「士農工商」とは、元々は中国・儒教が生んだ概念であり、日本では 江戸時代の身分序列を表わしたものとされています。 ところが、その下にさらに付け加えた「士・農・工・商・穢多・非人」という 表現もあったようで、これが部落差別を連想させる不適切?な言葉と されました。 その共犯?と見做されたものか、現在では元々の「士農工商」までもが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「忘れ物」19 ”士農工商”って放送禁止?

昭和時代の学校では、こう教えていたような気がします。 ~「士農工商」とは身分を偉い順に並べた言葉である~ ところが、驚いたことに平成の現代では、これが ~すまん!誤解だったかもしれん~ということになって いるそうです。 ちょうど「老若男女」が「人間全体」を、また「春夏秋冬」が 「季節全体・一年全体」を示すのと同様に、この…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more