テーマ:蒲生君平

日本史の「冗談?」14 ”奇人”は何を見ていたか?

誰でも一度は耳にしたことのある歴史用語「前方後円墳」・・・ これは「寛政の三奇人」※の一人に数えられる「蒲生君平」 (1768-1813年)の命名によるものです。 ※後の二人は「林子平」(1738-1793年)と「高山彦九郎」(1747-1793年) 念のために補足すれば、この場合の「奇人」という言葉は、 決して「ヘンなオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「迷宮入り」03 なんで前方後円墳?

昔の子供達の夏休みは「どっちが前だか後ろだか分からない」 と言われるくらい真っ黒に日焼けして遊び呆けたものです・・・ というのがマクラで本題の「前方後円墳」に入りますが、これも 実際「どっちが前だか後ろだか分からない」という点では同じ ようなものです。 確かに、字義からすれば「前が四角で後ろが丸型だよ」と言って いるワケ…
トラックバック:3
コメント:3

続きを読むread more