テーマ:宇喜多秀家

日本史の「事始め」14 流人”第一号”の半世紀

苦労の末に手にした自らの権力を我が子・秀頼に継承させるべく心を砕いた 晩年の豊臣秀吉(1537-1598年)は、その政権運営を配下の有力武将、 いわゆる「五大老」にサポートさせる体制を整えました。 その「五大老」の中には徳川家康・前田利家・毛利輝元らに混じって、 秀吉に可愛がられて猶子となった武将「宇喜多秀家」(1572-165…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more