テーマ:会津藩

日本史の「もしも」12 会津藩って何者ですか?

幕末の一時期の政治は、実質的に以下の三人のスクラムによって運営 されていました。 ○一橋家・徳川慶喜(1837-1913年/後の15代将軍) ○会津藩・松平容保(1836-1893年/慶喜の又従兄弟※親同志がイトコ) ○桑名藩・松平定敬(1847-1908年/容保の実弟) その頃、京には尊王攘夷派の過激志士達が集まる様子を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「災難」04 複雑系?四兄弟の幕末維新

いわゆる「幕末維新」のお話ですが、やや複雑系?の内容に なりますので、体調もしくは頭調が優れない方にはお奨め いたしておりません。 その点、悪しからずご了承ください。 さてその頃、現在の岐阜県海津市に当たる地域に「美濃国・ 高須藩」という3万石ほどの小さな藩がありました。 その藩主・松平義建(よしたつ/1800-1862年…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「災難」03 ゆるネーム?”蛤御門の変”

幕末期、それまで共に御所の護衛に当たっていた長州藩は、 同僚?の会津藩・薩摩藩から、突如として締め出しを食らい、 京から追放される立場になりました。 いわゆる「八月十八日の政変」(文久3年/1863年)です。 仲間の裏切り?にあった長州藩は当然巻き返しを図り、これが 翌年の「禁門の変」(1864年)と呼ばれる軍事行動でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more