テーマ:長篠の戦い

日本史の「もしも」13 鉄砲は信仰に馴染まない

日本国内の各地で戦が展開される戦国の頃に、遥かヨーロッパから この地・種子島に初めて鉄砲という道具が伝わったのが、いわゆる 「鉄砲伝来」(1542?1543年?)です。 若き領主・種子島時堯(1528-1579年)は、その「鉄砲」が備えた威力を 間近に見て、さっそく実物二丁を買い求めるや、すぐさま刀鍛冶職人に 「コピー品」の製…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more