テーマ:唐入り

日本史の「付録」11 アウェイ戦は負け続け

島国日本は、内弁慶とでも言うのでしょうか、その昔から海の向こうでの 喧嘩が得意ではありません。 多少のいざこざがあろうとも、即相手を叩き潰すなんて過激な態度は、 国内でも慎重でしたから、その延長線上にあったのかもしれません。 そうした「穏やかさ」の背景には、恨みを持って死んだら怨霊となって この世に祟るという、いわゆる「怨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「お国自慢」08 清正公はどこまで行った?

地元・名古屋出身の戦国武将は大勢いますが、「トラ退治」で 有名な加藤清正公(1562-1661年)もその一人です。 豊臣秀吉(1537-1598年)と同じ愛知郡中村郷(現在の名古屋市中村区) の生まれで、しかもその親戚筋に当たるとされている人物です。 両人の母同士が従姉妹だったという見方(異説もあり)もあって、 それだけに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more