テーマ:日本国憲法

日本史の「デジャヴ」23 天孫降臨は二度ベルを鳴らす

日本神話によれば、この国をアマテラスの子孫代々が治めていくことの 正当性は「天壌無窮の神勅」にあるとされているようです。 日常生活ではあまり使わない言葉ですが、「天壌無窮」とは、平たく言えば 「天地を永遠に」ほどの意味で、これに続く「神勅」は「神が与えた命令」と いうことですから、要するに相手に向けてこう宣言したことになります。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「デジャヴ」22 ヤマト民族のヘソ曲がり

日本における「本格的」な法体系は第42代・文武天皇の時代(683-707年)に 制定された「大宝律令」(701年制定)が最初とされています。 この時の「律令」制度は、それなりの努力を払い日本社会の実情に合うように 多少の編纂は加えたものの、骨格部分は当時の最先進国・唐(中国)の 「本場の律令」そのものでした。 「律」は「刑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「パクリ」11 SF?占領軍の”降臨と神器”

日本とアメリカとの衝突、いわゆる「太平洋戦争」(1941-1945年)に おいて、ハナから勝利を確信していたアメリカ側は、かなり早い 段階から「日本占領統治」の準備も進めていました。 「近い将来の敗戦国」?の実態を把握しておくことは、円滑な 「占領統治」に欠かせない課題と判断していたためです。 そうした研究は、地勢・気候・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本史の「世界標準」19 ヘソ曲がり民族?日本人

「ヘソ曲がり」・・・ひねくれていて素直でないこと。 「つむじ曲がり」とか「あまのじゃく(天邪鬼)」などと同様の 意味合いを持つ言葉です。 念のために言えば、「出ベソ」とは少し概念が異なります。 そうした「ヘソ曲がり」もどきの意外な行動は、日本人の長い 歴史の中にも見ることができ、そこで、遥か昔の「平安時代」と、 昭和の終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more