テーマ:人物評価

日本史の「陰謀」10 誰が”汚名”を着せたのか?

たとえば、江戸時代なら浅野長矩(内匠頭)を”イビリ抜いた”と される吉良義央(上野介/1641-1703年)とか、あるいは“ワイロを 取りまくった”と言われている田沼意次(1719-1788年)など、歴史 には「悪人」の烙印を押された人物が少なからず登場します。 しかし、ご本人が事実その通りの「悪人」?だったかといえば、 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more